ベトナムらしくないダラット駅が若者に人気の観光地になった理由 <下川裕治のどこへと訊かれて> (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ベトナムらしくないダラット駅が若者に人気の観光地になった理由 <下川裕治のどこへと訊かれて>

連載「どこへと訊かれて」

このエントリーをはてなブックマークに追加
下川裕治(しもかわ・ゆうじ)/1954年生まれ。アジアや沖縄を中心に著書多数。ネット配信の連載は「クリックディープ旅」(毎週)、「たそがれ色のオデッセイ」(毎週)、「東南アジア全鉄道走破の旅」(毎月)、「タビノート」(毎月)

下川裕治(しもかわ・ゆうじ)/1954年生まれ。アジアや沖縄を中心に著書多数。ネット配信の連載は「クリックディープ旅」(毎週)、「たそがれ色のオデッセイ」(毎週)、「東南アジア全鉄道走破の旅」(毎月)、「タビノート」(毎月)

駅の敷地内に入るのに5000ドン、約25円を払う。こういうところは抜け目がない

駅の敷地内に入るのに5000ドン、約25円を払う。こういうところは抜け目がない

 さまざまな思いを抱く人々が行き交う空港や駅。バックパッカーの神様とも呼ばれる、旅行作家・下川裕治氏が、世界の空港や駅を通して見た国と人と時代。下川版「世界の空港・駅から」。第43回はベトナム・ダラット駅から。

【今や観光地となったダラット駅はこちら】

*  *  *
 ベトナムという国には似合わない駅だった。だからだろうか。ダラット駅は観光地のひとつになっていた。

 ハノイ、サイゴン、ドンダン、ハイフォン……。ベトナムではさまざまな駅舎を眺めてきたが、どの駅も味気なかった。ビル型の駅が多い。ハイフォンは少し趣があったが、ただ古いといわれれば返す言葉もない。

 ベトナムに駅には、ヨーロッパの駅のような気品や建築美があるわけではない。機能重視といったら、それも違う気がする。どこまでも中途半端なのだ。

 しかしダラット駅は違う。フランスが建てた駅なのだ。

 植民地時代、フランスはダラット周辺に住む少数民族を蹴散らし、避暑地をつくった。標高1500メートル。やはり涼しい。彼らは、川を堰き止めて湖をつくり、湖畔を公園にした。教会を建て、松林のなかに別荘が次々にできあがった。

 そして鉄道を建設した。海岸に近いタップチャップ駅から線路を敷き、ダラット駅をつくった。開通は1932年である。

 どこかおとぎの国の駅のような雰囲気が伝わってくる。これがフランス人の感性ということらしい。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい