【ドラフト展望】巨人は清宮を狙うべきだ! 閉塞感の打破に「超大物」が必要 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ドラフト展望】巨人は清宮を狙うべきだ! 閉塞感の打破に「超大物」が必要

このエントリーをはてなブックマークに追加
西尾典文dot.
早稲田実・清宮幸太郎は巨人の救世主となれるか (c)朝日新聞社

早稲田実・清宮幸太郎は巨人の救世主となれるか (c)朝日新聞社

【おすすめ選手・その3】
高橋遥人:亜細亜大 投手 179cm 80kg 左投左打

 150キロ近いスピードが武器の本格派サウスポー。今年の春の時点でリーグ戦通算3勝と実績は乏しいが、ボール自体の威力は大学球界でも屈指だ。FAで獲得した吉川光夫と森福允彦がいずれも期待外れに終わり、先発、リリーフともに左腕が不足しているチーム事情にぴったり当てはまる。現在はいろいろと考えすぎて結果がついてきていないように見えるだけに、まずは短いイニングで全力で腕を振る方が持ち味が生きるだろう。

【おすすめ選手・その4】
鈴木遼太郎:東北学院大 投手 183cm 78kg 右投右打

 柔らかな腕の振りが特長の大型右腕。高校時代は無名だったが、大学でその才能が開花しスピードも最速150キロをマークするまでになった。フォームの雰囲気は大学の先輩である岸孝之(楽天)と重なり、鋭く変化するスライダーの良さも共通している。この秋は東北福祉大を相手に完封勝利を飾るなど、最後のシーズンで評価を上げてきた。菅野のメジャー移籍を想定して獲得しておきたい数年後の先発候補だ。

【おすすめ選手・その5】
西川愛也:花咲徳栄 外野手 180cm 78kg 右投左打

 増田のところでも触れたが、若手外野手の底上げが必要なチーム事情であり、それを埋めるための候補として西川を推したい。職人的な雰囲気のあるバッターで、バットコントロールの良さは高校生離れしている。最大の気がかりは大胸筋断裂の回復具合。ただ本拠地が外野の狭い東京ドームということを考えると、多少スローイングに難があっても起用しやすいという利点はある。打撃センスは間違いないだけに獲得を検討したい。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文
1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい