【ドラフト展望】日ハム 「大谷ロス」を埋めるのは清宮しかいない! (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ドラフト展望】日ハム 「大谷ロス」を埋めるのは清宮しかいない!

このエントリーをはてなブックマークに追加
西尾典文dot.
若手育成に定評のある日ハムは清宮を狙うか? (c)朝日新聞社

若手育成に定評のある日ハムは清宮を狙うか? (c)朝日新聞社

 今年も運命のドラフト会議が迫ってきた。甲子園を熱狂させた“あの選手”は一体どのチームに行くのか、野球ファンは固唾を飲んで見守っている。そこで、ニュースサイト「AERAdot.」では、年間300試合以上を現地で取材する、野球ライターの西尾典文氏に球団別のおすすめ選手を選んでもらった。今回は今季パ・リーグで5位に低迷した北海道日本ハムファイターズだ。

*  *  *

 昨年の日本一から急落して5位に終わった日本ハム。投打の大黒柱である大谷翔平のメジャー移籍が濃厚で、それ以外にも主砲の中田翔、抑えの増井浩俊などの主力がFAでチームを去る可能性もある。若手を積極的に抜擢して戦力にするノウハウはあるものの、それでも埋めきれないポジションが多くなりそうだ。投手ではまず、大谷に代わるエース候補が欲しい。野手も中田がいなくなることを考えると、和製大砲候補が必要になるだろう。

【おすすめ選手・その1】
清宮幸太郎:早稲田実 一塁手 184cm 101kg 右投左打

 中田、大谷と高校生の大物選手をしっかり戦力にしてきたことを考えると、やはり真っ先に清宮を獲得したい。実際に栗山英樹監督が公式戦の視察を行うなど獲得熱は高い。中田が抜けるとなった場合、その後のファーストにすんなりおさまりやすいというのも獲得に向けての後押しとなる。また『大谷ロス』を埋める人材としては、これ以上の選手は見当たらない。メジャー志向の強い清宮にとっても、早期でのポスティング移籍を認める球団として好感度は高いだろう。

【おすすめ選手・その2】
鈴木康平:日立製作所 投手 186cm 78kg 右投右打

 投手・大谷の後釜としては鈴木をおすすめしたい。高校、大学では体がなかなか大きくならず、素材の良さを持て余していたが、社会人でようやく才能が開花した。長いリーチで力みなく上から投げ下ろすストレートの角度と威力は迫力十分で、ストレートで押す本格派らしいピッチングが持ち味。110キロ程度のカーブで緩急をつけられ、横にきれいに滑るスライダーのキレも申し分ない。リズムが単調になるなど課題もあるが、1年目から先発を任せられる能力を備えている。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい