錦織圭が「世界3位」ワウリンカに圧勝できた理由  (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

錦織圭が「世界3位」ワウリンカに圧勝できた理由 

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#錦織圭
世界ランク3位のワウリンカに圧勝し、初戦を白星で飾った錦織圭(左)。(写真:Getty Images)

世界ランク3位のワウリンカに圧勝し、初戦を白星で飾った錦織圭(左)。(写真:Getty Images)

 炎を連想させる青白い光に彩られたセンターコートに、鼓動を刻むかのような効果音が鳴り響き、白いスモークに覆われた入場口の奥から、深紅のウェアに身を包んだ錦織圭が姿を現す――。

「心を燃やすためにも、赤を着ようと思ったので」

 試合後の彼はリップサービスを交えそう言ったが、コートへと進む引き締まった表情は正に、静かながら熱く燃える想いを内に秘めているようだった。

「今日はコートで居心地の良さを感じていた。立ち上がりから良いプレーが出来て、自信も深まっていった」

 2016年シーズンの掉尾を飾る、ATPツアーファイナルズの初戦。世界ランキング3位のスタン・ワウリンカ相手に、錦織はまるで相手を飲み込むかのように打ち合いを、そして試合そのものを支配し6-2、6-3の勝利をつかみ取った。

「(色んな球種を)混ぜていこうとは思っていました。高いボールだったり、前に出たり。出だしからアグレッシブなプレーを心掛けていました」

 完璧とも言える一戦を、錦織はそう振り返る。それは数日前から思い描いていた、“対ワウリンカ戦”のプランでもあった。リターンをスライスで打つことが多いワウリンカ相手には、サーブ&ボレーが効果的であろうことも織り込み済み。直近のパリ・マスターズは3回戦で敗れた錦織だが、今大会に万全の準備で挑むにあたっては、それもプラスに作用した。

「練習を多めにやっていたし、特にこの2~3日はやっとテニスが良くなってきていたのを感じていた」と言う彼は、まるでベースラインのすぐ背後に壁があるかのように下がることなく、ボールの跳ね際を巧みにさばき攻めていく。特にフォアの打球が鋭く、クロスの打ち合いで相手を十分に押し下げてから、ストレートに叩き込みウィナーを次々に奪った。あるいはワウリンカのバックサイドに高く弾むボールを集め、相手が警戒し始めたところで、フォアの強打でコートを斜めに切り裂いていく。

 ただそのような錦織のプレーを、ワウリンカは「想定内」だったと言った。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい