錦織圭、マスターズ初制覇逃がすも… 溌剌としたプレーから見えた一歩前進 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

錦織圭、マスターズ初制覇逃がすも… 溌剌としたプレーから見えた一歩前進

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#錦織圭
マスターズ初制覇こそならなかったが、着実な一歩前進だった。これからの偉業達成に期待したい。(写真:Getty Images)

マスターズ初制覇こそならなかったが、着実な一歩前進だった。これからの偉業達成に期待したい。(写真:Getty Images)

 錦織圭は再び悔しい準優勝に終わった。

 グランドスラム4大会に次ぐ格付けのマスターズ大会での決勝進出は、2年前のマドリード大会に次ぎ2度目のこと。前回は、元世界王者のラファエル・ナダル(スペイン)を相手にセットオールに戻したところで途中棄権に終わった。ナダルのコーチ、トニー・ナダルが「ラファは負けていた」と振り返った内容だっただけに悔しい思い出だが、今回の悔しさはより前向きだったように思う。

 初のマスターズ・タイトルの前に立ちはだかったのは、現王者ノバク・ジョコビッチ(セルビア)。押しも押されもしないナンバーワンという相手は、向かっていく錦織にはむしろ歓迎だった。追われるより、追いかける立場で120%の力を発揮するタイプだ。

 トスに勝ってレシーブを選択して始まった第1セット、第1ゲームの15-0から4ポイント連取でいきなり相手のサービスをブレークした。しかも、長いラリー戦を制して2ポイントを奪ったが、そこからが厚い壁だった。ジョコビッチは昨年、グランドスラムの3大会を制し出場したマスターズ8大会で優勝6度、準優勝2度――これまでは、ナダル、ロジャー・フェデラー(スイス)、アンディ・マレー(イギリス)とともに3強あるいは4強と言われてきたが、いま、完全に1強時代を築き上げている。ショットは強く深くスキがなく、自信に溢れたメリハリの効いた攻撃を仕掛けて来る。ブレークしてはブレークバックされる、これが2度繰り返され、錦織は少しずつミスが増えて第1セットを奪われた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい