今度は“青ユニ”? マエケン、ドジャースと契約合意 米メディア報じる  〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今度は“青ユニ”? マエケン、ドジャースと契約合意 米メディア報じる 

dot.#MLB
ドジャース入りが決定的になった広島・前田健太(c)朝日新聞社

ドジャース入りが決定的になった広島・前田健太(c)朝日新聞社

 赤いユニホームからドジャーブルーのユニホームへ――複数の米メディアは12月31日(日本時間1月1日)、広島・前田健太投手が大リーグ・ドジャースとの契約に合意したと報じた。

 CBSスポーツ電子版は同日午後5時半過ぎ、「Dodgers agree to deal with Japanese pitcher Kenta Maeda(ドジャースが日本人投手のケンタ・マエダと契約合意)」というタイトルを掲載した。

 前田は2015年12月に大リーグへの移籍をめざしてポスティングを申請した。契約内容の詳細は明らかにされていないが、正式に契約が決定した場合、広島に対して2000万ドル(約24億円)の譲渡金が支払われる。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい