山本佳奈

山本佳奈(やまもと・かな)/1989年生まれ。滋賀県出身。医師。医学博士。2015年滋賀医科大学医学部医学科卒業。2022年東京大学大学院医学系研究科修了。ナビタスクリニック(立川)内科医、よしのぶクリニック(鹿児島)非常勤医師、特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所研究員。著書に『貧血大国・日本』(光文社新書)

  • 異例の長梅雨はからだに悪影響が 頭痛、イライラ、気力低下…それって「気象病」かも? 

    異例の長梅雨はからだに悪影響が 頭痛、イライラ、気力低下…それって「気象病」かも? 

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「気象病」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医

    dot.

    7/29

  • 10代妊娠相談が1.8倍増 コロナ外出自粛がもたらした女性への悪影響

    10代妊娠相談が1.8倍増 コロナ外出自粛がもたらした女性への悪影響

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「緊急事態宣言や外出自粛がもたらした女性への影響」について、NPO法人

    dot.

    7/15

  • 子宮頸がんワクチン 日本で積極的勧奨中止のままだと5000人以上が死亡する

    子宮頸がんワクチン 日本で積極的勧奨中止のままだと5000人以上が死亡する

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、2人の女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「子宮頸がん」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・

    dot.

    7/1

  • 女医も陥った“コロナ不調”を救ったヨガ 腰痛改善の研究結果も

    女医も陥った“コロナ不調”を救ったヨガ 腰痛改善の研究結果も

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、2人の女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「コロナ後の生活の変化」について、NPO法人医療ガバナンス研究所

    dot.

    6/17

  • 米国8万人ががん診断の遅れも コロナ禍で健康に関わるこれだけの心配事

    米国8万人ががん診断の遅れも コロナ禍で健康に関わるこれだけの心配事

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、2人の女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「コロナ後の生活への様々な影響」について、NPO法人医

    dot.

    6/3

  • オンライン診療導入など対策しても コロナ院内感染がいまだ起きるのはなぜ?

    オンライン診療導入など対策しても コロナ院内感染がいまだ起きるのはなぜ?

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、2人の女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「新型コロナウィルスの院内感染」について、NPO法人医

    dot.

    5/20

  • 世界各国が新型コロナの検証作業に いまこそ感染対策の練り直しが必要

    世界各国が新型コロナの検証作業に いまこそ感染対策の練り直しが必要

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、2人の女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「新型コロナウィルスの抗体検査の有用性」について、NPO法人医療

    dot.

    5/6

  • 長引く外出自粛が私たちの心身に与えるこれだけの悪影響

    長引く外出自粛が私たちの心身に与えるこれだけの悪影響

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、2人の女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「外出自粛による心身への影響」について、NPO法人医療ガバナンス

    dot.

    4/22

  • 想像以上の倦怠感にまさかコロナ? 実は尿路感染症で女医が気を付けたいと思ったことは?

    想像以上の倦怠感にまさかコロナ? 実は尿路感染症で女医が気を付けたいと思ったことは?

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、2人の女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「女性は特に気を付けたい尿路感染症」について、NPO法人医療ガバ

    dot.

    4/8

  • 女医が調査に乗り出した「日本が低用量ピル後進国」なのはなぜ? 

    女医が調査に乗り出した「日本が低用量ピル後進国」なのはなぜ? 

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。「各国の低用量ピル事情」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山

    dot.

    3/11

4 5 6 7 8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す