山本佳奈

山本佳奈

(やまもと・かな)

プロフィール

1989年生まれ。滋賀県出身。医師。医学博士。2015年滋賀医科大学医学部医学科卒業。2022年東京大学大学院医学系研究科修了。ナビタスクリニック(立川)内科医、よしのぶクリニック(鹿児島)非常勤医師、特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所研究員。著書に『貧血大国・日本』(光文社新書)
ちょっとだけ医見手帖(山本佳奈医師)

山本佳奈の記事一覧

マスク着用「個人の判断に委ねる」から3週間 曖昧過ぎる対策を続ける日本への疑問
マスク着用「個人の判断に委ねる」から3週間 曖昧過ぎる対策を続ける日本への疑問
日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「日本のマスクルール緩和から3週間たったいまの疑問」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。
ウイズコロナマスク病気病院
dot. 4/5
米国に長期滞在中の女医が、想像以上に適応するのに辛かったこととは?
米国に長期滞在中の女医が、想像以上に適応するのに辛かったこととは?
日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「サマータイムによる健康への影響」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。
dot. 3/22
マスク着用ルール緩和 それでも「つけないといけない」雰囲気が続くと女医が思う理由
マスク着用ルール緩和 それでも「つけないといけない」雰囲気が続くと女医が思う理由
日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「マスク着用ルール緩和で思うこと」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。
ウイズコロナマスク病気病院
dot. 3/8
花粉症15年ぶりに再発はなぜ? ある日突然目の違和感と鼻汁に悩まされるように
花粉症15年ぶりに再発はなぜ? ある日突然目の違和感と鼻汁に悩まされるように
日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「花粉症」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。
病気花粉症
dot. 2/22
コロナ「5類」引き下げで女医が考えた コロナ禍で減少してしまった運動習慣の大切さ
コロナ「5類」引き下げで女医が考えた コロナ禍で減少してしまった運動習慣の大切さ
日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「コロナ禍で失われた運動習慣を取り戻す大切さ」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。
ウイズコロナ病気
dot. 2/8
脱マスクを女医が2カ月やってみて 「マスクを着用しなければ」からの解放された生活とは
脱マスクを女医が2カ月やってみて 「マスクを着用しなければ」からの解放された生活とは
日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「脱マスク生活」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。
ウイズコロナマスク病気病院
dot. 1/25
中国ゼロコロナ政策はなんだったのか? 女医が友人を通じて知る現状に思ったこととは
中国ゼロコロナ政策はなんだったのか? 女医が友人を通じて知る現状に思ったこととは
日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「これからのコロナ対策に思うこと」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。
ウイズコロナゼロコロナ病気病院
dot. 1/11
年末年始寒波「極端な寒さ」が健康に大きな影響を及ぼし17の死因に関連するデータも 
年末年始寒波「極端な寒さ」が健康に大きな影響を及ぼし17の死因に関連するデータも 
日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「気候変動がもたらす健康被害」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。
年末年始寒波病気病院
dot. 12/28
女医がコロナに感染「陽性だと誰に伝えるべきなのか」 偏見を少なからず意識
女医がコロナに感染「陽性だと誰に伝えるべきなのか」 偏見を少なからず意識
日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「コロナ罹患後に長く続く症状とそれに対する偏見」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。
ウイズコロナ病気病院
dot. 12/14
医師がコロナに感染して後悔した「ワクチン4回目追加接種」のタイミング
医師がコロナに感染して後悔した「ワクチン4回目追加接種」のタイミング
日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム。今回は「コロナワクチン4回目追加接種のタイミングと再感染のリスク」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。
ウイズコロナ病気病院
dot. 11/30
2 3 4 5 6
医師676人のリアル

医師676人のリアル

すべては命を救うため──。朝から翌日夕方まで、36時間の連続勤務もざらだった医師たち。2024年4月から「働き方改革」が始まり、原則、時間外・休日の労働時間は年間960時間に制限された。いま、医療現場で何が起こっているのか。医師×AIは最強の切り札になるのか。患者とのギャップは解消されるのか。医師676人に対して行ったアンケートから読み解きます。

あの日を忘れない

あの日を忘れない

どんな人にも「忘れられない1日」がある。それはどんな著名な芸能人でも変わらない。人との出会い、別れ、挫折、後悔、歓喜…AERA dot.だけに語ってくれた珠玉のエピソード。

インタビュー
国際女性デー

国際女性デー

3月8日は国際女性デー。AERA dot. はこの日に合わせて女性を取り巻く現状や課題をレポート。読者とともに「自分らしい生き方、働き方、子育て」について考えます。

国際女性デー
カテゴリから探す
ニュース
「税金で設置の公器なのに」全裸写真、売買…苦情電話殺到?都知事選掲示版で選管に「一度もつながらない」
「税金で設置の公器なのに」全裸写真、売買…苦情電話殺到?都知事選掲示版で選管に「一度もつながらない」
都知事選
dot. 7時間前
教育
反撃に出たり、新しい男への寝返りも 妻となっても恋焦がれた男を待ち続ける“平安の女たちの悲哀
反撃に出たり、新しい男への寝返りも 妻となっても恋焦がれた男を待ち続ける“平安の女たちの悲哀
朝日新聞出版の本
dot. 1時間前
エンタメ
〈「おしゃれクリップ」1時間SP出演〉「蒼井優」が朝ドラで“モンスター俳優”の本領発揮 ママになっても変わらない「孤高」の演技力
〈「おしゃれクリップ」1時間SP出演〉「蒼井優」が朝ドラで“モンスター俳優”の本領発揮 ママになっても変わらない「孤高」の演技力
蒼井優
dot. 1時間前
スポーツ
開幕直前に“解雇”も…NPBで実績十分もマイナー契約、米国で“過酷な戦い”に挑んだ男たち
開幕直前に“解雇”も…NPBで実績十分もマイナー契約、米国で“過酷な戦い”に挑んだ男たち
メジャーリーグ
dot. 5時間前
ヘルス
【不整脈治療】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は群馬県立心臓血管センター、2位は榊󠄀原記念病院
【不整脈治療】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は群馬県立心臓血管センター、2位は榊󠄀原記念病院
いい病院
dot. 14時間前
ビジネス
「金利のある世界」30代で年55万円の負担増も 中所得層は「今までの常識を変える必要がある」
「金利のある世界」30代で年55万円の負担増も 中所得層は「今までの常識を変える必要がある」
dot. 13時間前