(2ページ目)松本秀男〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

松本秀男

松本秀男

松本秀男

松本秀男(まつもとひでお)/医師。専門はスポーツ医学。1954年生まれ。東京都出身。1978年、慶応義塾大学医学部卒。2009年から2019年3月まで、慶応義塾大学スポーツ医学総合センター診療部長、教授。トップアスリートも含め多くのアスリートたちの選手生命を救ってきた。日本臨床スポーツ医学会理事長、日本スポーツ医学財団理事長。

  • 心臓発作による突然死は、スポーツ中に起きやすい! 「心臓震盪」にも注意

    スポーツ医が語る「スポーツ×医療」まるわかり講座 dot.

     心臓発作による突然死は、ごくまれにしか起こりません。しかし、スポーツ中またはその後は、安静時に比べて発生率が増加することが知られています。スポーツは心臓にどのような影響を与えるのか、また運動にともなう突然死を防止するために何をすればよいのか、日本スポーツ医学財団理事長の松本秀男医師に教えてもらいま...

  • 「成長痛」は放置してはいけない! スポーツのやり過ぎで軟骨に障害の恐れ

    スポーツ医が語る「スポーツ×医療」まるわかり講座 dot.

     スポーツのやり過ぎで起こるスポーツ障害は、からだが未成熟な子どもにも発症します。くり返す痛みで思い切りスポーツができないことは、子どもにとっても親にとっても大きな悩みです。成長期のスポーツ少年・少女に起こりやすい「オスグッド病」を中心に、その予防、治療、注意点について、日本スポーツ医学財団理事長の...

  • スポーツ選手ならではの障害は? 繰り返し動作で起きる炎症や骨折を医師が解説

    スポーツ医が語る「スポーツ×医療」まるわかり講座 dot.

     競技スポーツを長い間続けていると、その種目に特定のスポーツ障害が起こることがあります。基本動作であるジャンプやランニングの繰り返しが、ひざや足の障害を引き起こす原因になる場合もあります。その代表例として、「ジャンパーひざ」「シンスプリント」「ジョーンズ骨折」の三つについて、日本スポーツ医学財団理事...

  • 「アイシング」は体の回復に逆効果という研究も スポーツ医学の最新事情

    スポーツ医が語る「スポーツ×医療」まるわかり講座 dot.

     私たちは、ひざをぶつけたり、足首を捻挫したりしたとき、よく氷などを当ててけがしたところを冷やします。そうすれば腫れや痛みを抑えられると考えている人が、多いことでしょう。また、野球の投手が登板後、疲労した肩やひじにアイスパックの入ったベルトを巻いて、冷やしながらケアをしている姿も目にします。スポーツ...

  • 東京五輪の「暑さ」対策は大丈夫なのか? スポーツ医に聞いてみた

    スポーツ医が語る「スポーツ×医療」まるわかり講座 dot.

     1年延期になったとはいえ、来年夏に開催される東京2020オリンピック・パラリンピック大会に向けて、「暑さ」対策は重要な課題です。アスリートたちは、暑さの中でも最高のパフォーマンスを発揮するために、それぞれ対応策を講じていることでしょう。また、世界各地から集まる観客や、大会を支えるスタッフやボランテ...

おすすめの記事おすすめの記事