“赤いイチロー”の異名をとった広島・末永真史

 先週に多く読まれた記事の「見逃し配信」です。ぜひ御覧ください。(この記事は、「AERA dot.」で2024年5月6日に配信した内容の再配信です。肩書や情報などは当時のまま)

【写真】レジェンド・イチローが「本当の天才」と言った男がこちら

*  *  *

 背番号「51」というと、今でもイチローを連想する人が多いはずだ。イチロー以降も、51番は広島若手時代の鈴木誠也(現カブス)の出世番号になり、巨人・浅野翔吾が「イチローさんに近づけるように」と自ら希望してつけたエピソードも知られている。その一方で、大成できずに終わった51番も少なくない。

“赤イチロー”の異名をとった俊足巧打の外野手が、広島・末永真史だ。

 佐賀東高から1999年のドラフトでイチローと同じ4位で広島入り。51番はチームの先輩・前田智徳が入団2年目までつけた出世番号でもあり、“前田2世”とも呼ばれた。

 03年9月27日の巨人戦で、上原浩治からプロ初安打となる右越えソロ。06年にも猛打賞を2度記録するなど、打撃センスには非凡なものがあったが、肉離れを繰り返して、なかなか1軍に定着できず、青木宣親(ヤクルト)ら同世代のライバルに差をつけられた。

 だが、「人はどうでもいい。自分がやることをやればという気持ち」で努力を続け、08年に22盗塁でウエスタン盗塁王を獲得。そして、翌09年にチャンスが巡ってきた。

 骨折で長期離脱の天谷宗一郎と入れ替わりで5月14日に1軍昇格した末永は、6月中旬以降26打数11安打と上昇気流に乗り、約4年ぶりの1番で起用された7月3日の横浜戦ではタイムリー2本を含む5打数4安打2打点で勝利のヒーローに。「積極的に行った。心掛けていることができた」と大きな手応えを掴んだ。

 同年は自己最多の73試合に出場し、打率.279、2本塁打、19打点。レギュラー定着も見えてきた。だが、翌10年以降は層の厚い外野陣に食い込めず、丸佳浩ら若手の台頭もあって、最後の2年間は1軍出場機会のないまま、12年オフに戦力外通告を受けた。

 自分より早く辞めることになった後輩を、前田は「どこで道を間違えたんかいのう」と惜しんだという。

 走攻守三拍子揃った外野手として00年のドラフト5位でダイエーに入団したのが、荒金久雄だ。

著者プロフィールを見る
久保田龍雄

久保田龍雄

久保田龍雄/1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。

久保田龍雄の記事一覧はこちら
次のページ
PL学園→青学大の「野球エリート」もプロでは苦戦