クリームシチューはご飯に「かける派」と「分ける派」で意見が分かれていた。画像はイメージ(GettyImages)

 10日放送の「マツコ&有吉 かりそめ天国」(テレビ朝日・金曜午後8時)では、過去の放送回で議論が白熱した「クリームシチューのなぜ」を検証する。クリームシチューを出す店が少ないのはなぜかという謎を解明し、名店を調査するそうだ。そんなクリームシチューにまつわる、過去の人気記事を振り返る。(「AERA dot.」2023年10月24日配信の記事を再編集したものです。本文中の年齢等は配信当時)

【写真】刺し身の「つま」は食べる、残すどちらが正解?

*  *  *

 子どもから大人まで誰もが好きな家庭料理・クリームシチュー。このクリームシチューをご飯にかけてたべるか、分けて食べるかの「分け・かけ」論争というものがあるのをご存じだろうか。分ける派、かける派にはそれぞれの“ポリシー”があり、SNSなどではさまざまな主張が飛ぶ。分ける、かけるでおいしさにどんな違いがあるのか。味覚分析を手がける専門家に見解を聞いてみた。

 今年9月、ハウス食品が、クリームシチューを食べる10~60代の男女計8460人に行った全国調査を発表した。同調査によると、ごはんと分けて食べる人は68%、かける人は32%だった。

 分ける派が多数を占めた形だが、ネット上では「白いご飯に白いシチューをかけるって見た目でムリ」「主人がかけてるのみて『ウウェ…』ってなった」「あり得ない。人前ではやめなさいと親に言われた」との意見もあれば、「かけたほうがおいしい」「カレーと一緒じゃん」という声も。また、気分次第で変えているという人もいた。

「おでんとご飯を一緒に食べるかどうかという話と似ていますが、個人の嗜好(しこう)性の問題ですので、結論としては『どの食べ方も正しい』ということになります」

著者プロフィールを見る
國府田英之

國府田英之

1976年生まれ。全国紙の記者を経て2010年からフリーランスに。週刊誌記者やポータルサイトのニュースデスクなどを転々とする。家族の介護で離職し、しばらく無職で過ごしたのち20年秋からAERAdot.記者に。テーマは「社会」。どんなできごとも社会です。

國府田英之の記事一覧はこちら
次のページ
意見が分かれるポイントは塩分濃度?