都内在住の男性(51)は2年ほど紅麹コレステヘルプを愛飲していた。ロットナンバーも確認したところ、該当していた(男性提供)

 小林製薬製造の紅麹を含むサプリメントにより健康被害が広がっている。同社の紅麹の供給先は170社以上あるとされる。対応が注目されるなか、愛飲していた男性と、医師ら専門家に話を聞いた。

【写真】男性が毎朝飲んでいた紅麹コレステヘルプ

*    *  *

2年前から愛飲、「飲んでるヤツじゃん!」

「未知の物質」とはプベルル酸か――。

 小林製薬(大阪市)が製造したサプリメント「紅麹コレステヘルプ」を摂取した人に健康被害が出ている問題で、3月29日、厚生労働省は健康被害の製品ロットに「プベルル酸」という物質が含まれていたことを明らかにした。小林製薬はこれまで「想定していない未知の成分が混入した可能性がある」などと説明していた。

 2年ほど前から、紅麹コレステヘルプを毎朝3粒飲んでいた会社員の男性(51)は、動揺を隠さない。

「報道を見て、自分が飲んでるヤツじゃん!とショックでした。機能性表示食品で国のお墨付きがあるし、小林製薬にも安心感があったのに」

 愛飲のきっかけは、人間ドックでコレステロール値の高さを医師から指摘されたこと。妻が薬局で見つけてきてくれた。摂取するようになって、「コレステロール値はそれ以上悪化することはなかったし、なんとなく『効いてるかな』と思っていた程度」。

 健康被害の報道を受けて、「そういえば」と不安が増すばかりだという。

早朝の尿意と膀胱の痛み、倦怠感

「早朝尿意で起きるのもサプリを飲み始めてからかも、とか、時々の膀胱の痛みもそうなのかも、とか。慢性的な倦怠感や、寝てもとれない疲れは、仕事や加齢のせいと思っていて、これまでサプリとの関係を疑ったことはなかった。でも、早朝の尿意も膀胱の痛みも倦怠感も、サプリのせいではと思えて、不安です」

 厚生労働省によると、「プベルル酸」は青カビからつくられる天然の化合物で、抗生物質としての特性があり、抗マラリア効果があるほど毒性は非常に高い。混入した経緯は不明。また、厚労省は現時点でプベルル酸が腎臓に影響を与えるかどうかについてわからないとしている。

次のページ
医師らも注目、「かなりひどい健康被害」