(C)NHK

 朝ドラブギウギ」がいよいよ佳境だ。連載「私とブギウギ」から、思い出のハイライトをプレイバックする(2023年12月18日に配信した記事の再掲です。年齢、肩書は当時)。

*    *  *

 弟の六郎(黒崎煌代)を亡くしたスズ子(趣里)が歌った「大空の弟」は、不思議な歌だった。国への感謝を歌いながら、反戦歌に聞こえる。「いつも○○○部隊ー」というスズ子の声に泣けてきた。

 舞台上で号泣し、立ち上がれないスズ子に作曲家の羽鳥(草彅剛)が指揮の手を止め、声をかけた。「福来君、しっかりしなさい」。「スズ子」でなく、「福来君」という表現に羽鳥の品の良さ、師弟関係の真っ当さがあふれ、良い朝ドラだなあと思う。

 そこから一転、「ラッパと娘」。足を上げ、クルリと回るスズ子。歌でスズ子は、弟の死との折り合いをつける。歌を聞いた父・梅吉(柳葉敏郎)は、現実を受け入れる。歌とドラマの相乗効果で、「ブギウギ」は傑作朝ドラになるかも――。

 と、思っていたのだが、暗雲が垂れ込めてきた。何かというと、小夜(富田望生)だ。「ブギウギ」始まって以来、初めて「ない、ない、ない」と思った。小夜が動かしていく展開がおかしすぎるし、富田さんの芝居も大袈裟すぎる。このままでは「反省会」が始まってしまうのでは? 

 というのは本気ではないが、にしても、だ。とにかくおかしな展開について説明する。

 スズ子と楽団が名古屋でコンサートを開くところが始まりだ。コンサートを終え、旅館について支払いという展開になる。マネージャーの五木(村上新悟)が「今回の巡業からは、小夜っぺに金庫番をさせてますからね」といったところから、小夜劇場に。首からぶら下げたガマ口を開き、「ない、銭がないんだー」と騒ぎだす。カバンの中を点検しつつ、「ぜってー、落とすわけない、ぜってー、落とさない」と言う。そして「窃盗説」を唱える。

 小夜は福島から来て、垢抜けない子だ。その証のように、ほっぺたを赤くしたメイクをさせられている。でも、周囲の状況をちゃんと読める子でもあるのだ。「大空の弟」を披露したコンサートから帰ると、屋台で梅吉が一人で飲んでいた。スズ子が「小夜ちゃんもおでん、食べてこか」と誘う。「あー、オレはいい。先、帰ります」と小夜は答える。父娘で話す場面だと、ちゃんとわかる子なのだ。

(C)NHK
著者プロフィールを見る
矢部万紀子

矢部万紀子

矢部万紀子(やべまきこ)/1961年三重県生まれ/横浜育ち。コラムニスト。1983年朝日新聞社に入社、宇都宮支局、学芸部を経て「AERA」、経済部、「週刊朝日」に所属。週刊朝日で担当した松本人志著『遺書』『松本』がミリオンセラーに。「AERA」編集長代理、書籍編集部長をつとめ、2011年退社。同年シニア女性誌「いきいき(現「ハルメク」)」編集長に。2017年に(株)ハルメクを退社、フリーに。著書に『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』『美智子さまという奇跡』『雅子さまの笑顔』。

矢部万紀子の記事一覧はこちら
次のページ
ちゃんとわかる子なのに…