写真はイメージです(gettyimages)

「とっさの質問にうまく答えられない」「『で、結局、何が言いたいの?』と言われる」「話し方やプレゼンの本を読んでも上達しない」……。そんな悩みを持つ方は、言語化の3要素である「語彙力」「具体化力」「伝達力」どれかが欠けていると指摘するのは、文章や話し方の専門家であり言語化のプロである山口拓朗氏。本連載では、山口氏による話題の最新刊「『うまく言葉にできない』がなくなる言語化大全」の中から、知っているだけで「言語化」が見違えるほど上達するコツをご紹介していきます。

なりゆきで一緒に帰ることになった気まずい時間をどうする?

 会社を出て駅のホームに行くと、上司とばったり。なりゆきで一緒に帰ることになったものの、なんだか気まずい……。
 そんな雑談タイムをどうしのぐか、困る人は多いのではないでしょうか? 

 こんな時、意外と使えるのが、事実を具体化する時の基本「5W3H」です。
ポイントは、自分からは無理に話さず、相手の言語化を促すために使うこと。

 5W3Hで相手から話を引き出し、相づちを丁寧に打ちながら、時々肯定的な言葉を投げかけると会話が弾みます。

では、ためしにやってみましょう。

上司との雑談:実践例

上司:そういえばこの間、投資セミナーに行ったんだよ。

あなた:投資セミナーですか? いいですね。いつ行かれたんですか?(いつ=When)

上司:先週の土曜日。いや、あれは結構ためになったなあ。

あなた:テーマは何だったんですか?(何=What)

上司:老後の2000万円を確実に貯める方法。

あなた:そんな方法があるんですか? 知りたいです。

上司:うん。まぁ、結局は投資しようって話なんだけどね。

あなた:投資ですか。どうすればいいんですかね。自分は知識が乏しくて。(どうすれば=How)

上司:最初はやっぱりNISAがいいみたい。

あなた:毎月、いくらから始めればいいんでしょう。(いくら=How much)

上司:3万って言ってたな。

あなた:あっ、確かNISAの制度が新しくなるんでしたっけ?

上司:そうそう。だから早速、僕も始めてみたよ。

あなた:さすが行動が早いですね。それにしてもどうして投資セミナーに行こうと思われたんですか?(どうして=Why)

上司:大学時代の友達に誘われたんだよね。

あなた:そうなんですね。自分も行ってみようかな。どこでやってるんですか?(どこで=Where)

上司:神田。え~っと、会社のURLを送るよ。

 このように、「5W3H」は意外と多くの場面で活躍します。