※写真はイメージです(Getty Images)
この記事の写真をすべて見る

 海外では定年制がない国も多いが、日本では未だに「60歳定年制」が主流だ。この定年制度をやめると、日本は元気になる可能性があるという。どんな問題が解消できるのか。自律神経研究の第一人者として知られる小林弘幸医師の新著『老後をやめる 自律神経を整えて生涯現役』(朝日新書)から一部を抜粋、再編集して解説する。

【表】定年年齢を引き上げた企業はこちら

* * *

老後をやめれば日本も元気になる

 私は定年制には反対です。定年制は、日本人の健康寿命を縮めているひとつの原因だと思うからです。

 まだ働けるのに定年を理由にやめなければならないのは、その人の能力を無駄にし、社会にも不利益をもたらすと思います。

 すでに海外では、定年制を法律で禁止している国や、廃止に向けて進んでいる国が多数見られます。

 たとえば、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドには定年制がありません。アメリカの場合、1986年にADEA(雇用上の年齢差別禁止法)の改正により、一定年齢での定年退職が廃止されました。履歴書に年齢を書かせることも、法律で禁止されています。

 一方、日本では、依然として「60歳定年制」が主流です。厚生労働省の発表によると、定年制を定めている企業は全体の95.3パーセント。規模が大きい企業ほど、定年制を定めている割合が高くなっています。

著者プロフィールを見る
小林弘幸

小林弘幸

小林弘幸(こばやし・ひろゆき) 順天堂大学医学部教授。日本スポーツ協会公認スポーツドクター。1987年、順天堂大学医学部卒業。92年、同大学大学院医学研究科修了。ロンドン大学付属英国王立小児病院外科などの勤務を経て順天堂大学小児科講師、助教授を歴任。腸と自律神経研究の第一人者。『医者が考案した「長生きみそ汁」』など著書多数。テレビなどメディア出演も多数。

小林弘幸の記事一覧はこちら
暮らしとモノ班 for promotion
防犯・災害対策の準備はいかが?最大50%オフのAmazonの安全・セキュリティグッズ売れ筋ランキング
次のページ
定年制がなくなれば日本は元気になる