小林弘幸

小林弘幸

プロフィール

小林弘幸(こばやし・ひろゆき)
順天堂大学医学部教授。日本スポーツ協会公認スポーツドクター。1987年、順天堂大学医学部卒業。92年、同大学大学院医学研究科修了。ロンドン大学付属英国王立小児病院外科などの勤務を経て順天堂大学小児科講師、助教授を歴任。腸と自律神経研究の第一人者。『医者が考案した「長生きみそ汁」』など著書多数。テレビなどメディア出演も多数。

著者関連サイト
著者関連書籍

小林弘幸の記事一覧

医師として数多く見てきた清々しい「死に顔」 次のスタートに向かって生きるという考え方
医師として数多く見てきた清々しい「死に顔」 次のスタートに向かって生きるという考え方
会社勤めを終えた定年後、毎日ダラダラ、ゴロゴロしている人もいる人もいるだろう。これまで多くの人を看取ってきた医師・小林弘幸氏は、「私は60歳を超えたころから、『一日一日が勝負だ』だと思うようになった」と言う。限りある人生をワクワクして生きるにはどんなことを心がければいいのか。朝日新書『老後をやめる 自律神経を整えて生涯現役』から一部を抜粋、再編集して解説する。
老後をやめる小林弘幸
dot. 2/12
人手不足の解消、税収増、伸びる健康寿命…定年制の「廃止」で元気になる日本と変わる夫婦
人手不足の解消、税収増、伸びる健康寿命…定年制の「廃止」で元気になる日本と変わる夫婦
海外では定年制がない国も多いが、日本では未だに「60歳定年制」が主流だ。この定年制度をやめると、日本は元気になる可能性があるという。どんな問題が解消できるのか。自律神経研究の第一人者として知られる小林弘幸医師の新著『老後をやめる 自律神経を整えて生涯現役』(朝日新書)から一部を抜粋、再編集して解説する。
老後をやめる小林弘幸
dot. 2/11
共通点は「好奇心」「チャレンジ精神」「仕事」 若々しい田原総一朗、柳井正、尾畠春夫から学ぶ生き方
共通点は「好奇心」「チャレンジ精神」「仕事」 若々しい田原総一朗、柳井正、尾畠春夫から学ぶ生き方
定年を迎える年齢を超えても、老後を意識せず活躍し続ける人たちがいる。リタイアせずいつまでも若々しさを失わない秘訣は何か。自律神経研究の第一人者である小林弘幸医師の新著『老後をやめる 自律神経を整えて生涯現役』(朝日新書)から一部を抜粋、再編集して解説する。
老後をやめる小林弘幸
dot. 2/10
スタートダッシュを決める朝の過ごし方 定年後に取り入れたい「朝やるべき7つのルーティン」
スタートダッシュを決める朝の過ごし方 定年後に取り入れたい「朝やるべき7つのルーティン」
定年後、毎日をダラダラと過ごしていないだろうか。現役時代は会社が生活を管理してくれていたが、定年後には自分で管理する必要がある。1日を充実させるためには、自律神経のスムーズな切り替えが大切。そのために取り入れたいのは、「朝のルーティン」だ。自律神経研究の第一人者である小林弘幸医師の新著『老後をやめる 自律神経を整えて生涯現役』(朝日新書)から一部を抜粋、再編集して解説する。
老後をやめる小林弘幸
dot. 2/9
寝る前の心のリセット術「3行日記」でワクワクする毎日に いつまでも若い人が毎日やっている習慣
寝る前の心のリセット術「3行日記」でワクワクする毎日に いつまでも若い人が毎日やっている習慣
定年を迎えると現役時代に比べて、毎日が日曜日になりがちだ。充実した毎日を過ごすためにどうすればいいのか。医師・小林弘幸氏は「3行日記の習慣は、大切な一日が漫然と過ぎていくことを防ぐ」と指摘する。3行日記の効果について、朝日新書『老後をやめる 自律神経を整えて生涯現役』から一部を抜粋、再編集して解説する。
老後をやめる小林弘幸
dot. 2/8
ゆっくり休みたいときこそ運動を 疲れの原因から考えた「疲れを吹き飛ばす」ためのウォーキング
ゆっくり休みたいときこそ運動を 疲れの原因から考えた「疲れを吹き飛ばす」ためのウォーキング
寝ても疲れがとれない、すぐにイライラする……。慢性的な疲れに悩まされる人は少なくないだろう。疲れを取るため家でダラダラと過ごしがちだが、小林弘幸医師は「科学的にはむしろ、疲れているときほど体を動かしたほうがいい」と指摘する。現代人の疲れと調子が悪いときの過ごし方について、朝日新書『老後をやめる 自律神経を整えて生涯現役』から一部を抜粋、再編集して解説する。
老後をやめる小林弘幸
dot. 2/7
自律神経の老化を防ぐには食事、睡眠より「運動」 「ついでに」「マイペース」の散歩を勧める理由
自律神経の老化を防ぐには食事、睡眠より「運動」 「ついでに」「マイペース」の散歩を勧める理由
多くの不調や病気を招く自律神経の乱れ。その要因として、ストレスや睡眠不足がよく挙げられるが、実は加齢も大きく関わっている。毎日を楽しく生きるためには、いかに自律神経を若くキープするかがカギを握る。自律神経の老化を防ぐにはどうすればいいのか。自律神経研究の第一人者である小林弘幸医師の新著『老後をやめる 自律神経を整えて生涯現役』(朝日新書)から一部を抜粋、再編集して解説する。
老後をやめる小林弘幸
dot. 2/6
寝られない、イライラ、食欲不振…加齢も自律神経の乱れの原因 「ゆっくり」を意識してリラックス
寝られない、イライラ、食欲不振…加齢も自律神経の乱れの原因 「ゆっくり」を意識してリラックス
倦怠感、胃痛、朝起きられない……。さまざまな不調につながる自律神経の乱れ。自律神経研究の第一人者で順天堂大学医学部の小林弘幸教授は、「加齢も大きな要因の一つ」と指摘する。自律神経の老化によって、命を脅かす病気も招いてしまうという。朝日新書『老後をやめる 自律神経を整えて生涯現役』から一部を抜粋、再編集して解説する。
老後をやめる小林弘幸
dot. 2/5
健康、お金、孤独の「3大不安」を軽減するには 「老後」という考え方をやめるメリット
健康、お金、孤独の「3大不安」を軽減するには 「老後」という考え方をやめるメリット
老後のこと考えると、どうしてもお金や健康の問題、孤独感などがつきまとうもの。そんな老後不安をいかにコントロールするかが、人生の後半戦の幸福度を左右する。医師の小林弘幸氏は、定年後の隠居生活を意味する老後を「やめる」マインドが大切だという。朝日新書『老後をやめる 自律神経を整えて生涯現役』から一部を抜粋、再編集して解説する。
老後をやめる小林弘幸
dot. 2/4
92歳の父はなぜ、こんなに元気なのか 医師が親を分析して見つけた「4つの理由」
92歳の父はなぜ、こんなに元気なのか 医師が親を分析して見つけた「4つの理由」
92歳にして食欲旺盛、現役の家庭教師、健康面の問題なし──。医師の小林弘幸氏が分析する自身の父親がいつまでも元気でいられる秘密とは何か。朝日新書『老後をやめる 自律神経を整えて生涯現役』から一部を抜粋、再編集して解説する。
老後をやめる小林弘幸
dot. 2/3
1 2
あの日を忘れない

あの日を忘れない

どんな人にも「忘れられない1日」がある。それはどんな著名な芸能人でも変わらない。人との出会い、別れ、挫折、後悔、歓喜…AERA dot.だけに語ってくれた珠玉のエピソード。

インタビュー
国際女性デー

国際女性デー

3月8日は国際女性デー。AERA dot. はこの日に合わせて女性を取り巻く現状や課題をレポート。読者とともに「自分らしい生き方、働き方、子育て」について考えます。

国際女性デー
高たんぱくダイエット

高たんぱくダイエット

会食の機会も増え、体重の増加が気になる季節。帳尻を合わせるために、極端なダイエットに走る必要はもうありません。 調理時間10分以内、安くておいしいお鍋なら、かんたんに体重オフ、健康パワーもアップできます。 気になるノウハウに加え、一生使えるAERAオリジナルレシピまでを網羅しました。

高たんぱくダイエット
カテゴリから探す
ニュース
〈先週に読まれた記事ピックアップ〉悠仁さまのお弁当は紀子さまの手作り「大根の葉もおかずに」 秋篠宮家流のSDGs
〈先週に読まれた記事ピックアップ〉悠仁さまのお弁当は紀子さまの手作り「大根の葉もおかずに」 秋篠宮家流のSDGs
紀子さま
dot. 6時間前
教育
自閉スペクトラム症の小3長男が「漢字」をはみ出ないように書けた! 母が試行錯誤して生み出した方法とは【イラストエッセイ】
自閉スペクトラム症の小3長男が「漢字」をはみ出ないように書けた! 母が試行錯誤して生み出した方法とは【イラストエッセイ】
発達障がい
AERA with Kids+ 2時間前
エンタメ
山崎貴監督が語る「ゴジラ」のスター性 「持っているとみんなが話しかけてくれる」
山崎貴監督が語る「ゴジラ」のスター性 「持っているとみんなが話しかけてくれる」
映画
AERA 3時間前
スポーツ
「J1昇格組」序盤戦の評価と課題  町田の“旋風”いつまで続くか 磐田、東京Vの“カギ”握るのは
「J1昇格組」序盤戦の評価と課題  町田の“旋風”いつまで続くか 磐田、東京Vの“カギ”握るのは
Jリーグ
dot. 20時間前
ヘルス
女医が考える中絶に関する権利 アリゾナでは160年前の法律が有効になることへの衝撃
女医が考える中絶に関する権利 アリゾナでは160年前の法律が有効になることへの衝撃
dot. 7時間前
ビジネス
〈先週に読まれた記事ピックアップ〉80億円投資家テスタさんの保有50銘柄「日本株42銘柄で28.6億円分」配当利回りは
〈先週に読まれた記事ピックアップ〉80億円投資家テスタさんの保有50銘柄「日本株42銘柄で28.6億円分」配当利回りは
新NISA
AERA 5時間前