情報数理学部を来春設置する明治学院大学。村田玲音学長は「新たな技術を社会に適用していく時には倫理が重要」とアピール(写真/戸嶋日菜乃)
情報数理学部を来春設置する明治学院大学。村田玲音学長は「新たな技術を社会に適用していく時には倫理が重要」とアピール(写真/戸嶋日菜乃)

 ビッグデータを高度に解析し、新たな価値創出につなぐ「データサイエンス」。人材不足を背景に、各大学で関連学部・学科の新設ラッシュが続く。AERA 2023年6月5日号の特集「変わる大学・高校」から。

【最新合格ランキング】旧帝大や早慶上理、MARCH…「30年」で伸びた高校・消えた高校

*  *  *

「データサイエンス」と名の付く学部の創設は2017年度の滋賀大学が最初。その後、「情報・データサイエンス系」の学部学科の設置が相次ぎ、今春は20大学近く、来春もほぼ同数の大学で新設が予定されている。

 背景にはデジタル人材の需要増がある。河合塾の調べでは、22年度の私立の志願者数は17年度の1.5倍(約24万3千人)。倍率も20年度の4.9倍をピークに高止まりの傾向が続く。

AERA6月5日号から
AERA6月5日号から

 入試形態は「理工系寄り」「社会科学系寄り」、そして両者を包含した「文理融合型」に大別される。「最近の新設で目立つのが文理融合型です」と話すのは、河合塾教育研究開発本部の近藤治主席研究員だ。

 商品開発やPR、マーケティングなど様々な局面でデータサイエンスの知識やスキルが必要になり、文系理系の垣根を越えた素養が求められる。このため、入試段階で文理双方の受験生がそれぞれ異なる科目、点数配分で受験できるよう間口を広げる傾向がみられるという。

文理融合型入試の採用

 来春新設予定の学部で注目されるのが、熊本大の情報融合学環だ。熊本県には世界最大手の台湾の半導体メーカー「TSMC」も進出。半導体分野の人材ニーズが高まる中、専門集団の輩出機関として期待が集まる。

 同学環は「文系型」で受験する場合、個別学力検査の配点は数学(数I・数II・数A・数B)が200点、外国語が350点なのに対し、「理系型」は数学(数I・数II・数III・数A・数B)が300点、外国語が250点の配分となる。文系型は共通テストで理科を1科目または2科目で選択できる。

 こうした文理融合型の入試を採用する理由について、同大大学院先端科学研究部の城本啓介教授は「グローバル人材とデータサイエンスに強い人材をセットで育成する目標」を挙げる。文系理系どちらの強みも生かしながら学内で融合し、相乗効果を図る狙いだ。

著者プロフィールを見る
渡辺豪

渡辺豪

ニュース週刊誌『AERA』記者。毎日新聞、沖縄タイムス記者を経てフリー。著書に『「アメとムチ」の構図~普天間移設の内幕~』(第14回平和・協同ジャーナリスト基金奨励賞)、『波よ鎮まれ~尖閣への視座~』(第13回石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞)など。毎日新聞で「沖縄論壇時評」を連載中(2017年~)。沖縄論考サイトOKIRON/オキロンのコア・エディター。沖縄以外のことも幅広く取材・執筆します。

渡辺豪の記事一覧はこちら
次のページ
「一歩先」につながる実践的トレーニング