キューバ代表としてWBCに出場した中日のライデル・マルティネス(写真提供・中日ドラゴンズ)
キューバ代表としてWBCに出場した中日のライデル・マルティネス(写真提供・中日ドラゴンズ)

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)はMLB球団向けの見本市でもある。

【間近で見ると壊れてない?】大谷選手のホームランが直撃した看板はコチラ

 試合が開催される球場には各球団のスカウトが派遣され、選手たちのチェックを行っている。侍ジャパンのメンバーはもちろん、他国の代表でも評価を上げている選手は多い。

「WBCは短期決戦とはいえ、各国の真剣勝負を実際に見られる。技術や身体能力などのデータはいくらでも入手できるが、実戦における振る舞いや適応能力を確認できるチャンス。球団によっては複数スカウトを派遣して万全な状態で調査している。選手側からすると大チャンスでもある」(大手エージェント会社関係者)

 過去大会における侍ジャパンを見ても、松坂大輔は2006年の第1回大会でMVPに選出され市場価値が上昇。のちのレッドソックスとの大型契約に結びついた。その後もNPBでの活躍とともにWBCでのプレーがMLB移籍時の査定に影響した選手も少なくない。

 今大会でもMLB関係者の侍ジャパンに対する注目度は高く、どの選手に対しても映像とデータを入念に採集している姿が目立った。投手では日本のエース級の存在となった山本由伸(オリックス)、160キロ超えの速球を連発する“令和の怪物”佐々木朗希(ロッテ)。野手では昨シーズン最年少で三冠王となった村上宗隆(ヤクルト)の名前を聞く回数も多い。

「大崩れしないタイプの山本は前田健太(ツインズ)とダブらせることができる。佐々木は身体も大きく、年齢的に若くて伸びしろがあるので楽しみ。村上は米国では本塁打数は減るだろうが、強く打ち返せるので慣れれば打率を残せそう。宇田川優希(オリックス)も荒削りだが可能性を感じさせる」(MLBアジア地区担当スカウト)

「求められているのは即戦力。近年はMLBの好景気もあり金額的には好条件で契約するが、契約年数を短くして可能性を感じなければリリースするケースも増えるかも。NPBで結果を出している選手は、誰もが渡米できる可能性はあるのではないか」(大手エージェント会社関係者)

次のページ
侍ジャパン以外で注目された選手は?