WBC 2023 侍ジャパン

WBC 2023 侍ジャパン

2023年WBCの特集ページ。世界一”奪還”に挑む侍ジャパンの挑戦を追う。最新ニュースや侍ジャパンの動向などをまとめた。

WBC次回の決勝は「日本」で? 米国はさらに“ガチ”に? 2026年大会へ向け早くも議論
WBC次回の決勝は「日本」で? 米国はさらに“ガチ”に? 2026年大会へ向け早くも議論
侍ジャパンの3大会ぶり3度目の優勝で幕を閉じたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)から約2週間の時が経った。日本のプロ野球はもちろん、メジャーリーグも新たなシーズンがすでにスタートしているが、WBCの余韻はまだ残っており、早くも“次”に向けての議論も始まっている。
WBC2023
dot. 4/8
大谷翔平、トラウトらも参戦したWBC 過去最高視聴者数を記録するも「アメリカファーストが露骨すぎる」との声も
大谷翔平、トラウトらも参戦したWBC 過去最高視聴者数を記録するも「アメリカファーストが露骨すぎる」との声も
14年ぶり3度目の世界一の感動が冷めやらない。野球の日本代表(侍ジャパン)が頂点を極めたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を振り返る。AERA 2023年4月10日号の記事を紹介する。
WBC2023
AERA 4/4
大谷翔平のエンゼルス残留の理由に? WBCを見て感じた「マイク・トラウトという男の魅力」
大谷翔平のエンゼルス残留の理由に? WBCを見て感じた「マイク・トラウトという男の魅力」
侍ジャパンの3大会ぶり3度目の優勝で幕を閉じた第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。MVPに輝いた大谷翔平(エンゼルス)が世界一を決めたマウンドで喜びを爆発させる姿は日本野球史の中でも最も印象的なシーンの一つとなったのは間違いないだろう。
WBC2023
dot. 4/2
工藤、古田、吉井…侍ジャパンの次期監督は誰?「イチロー待望論」は現実的か
工藤、古田、吉井…侍ジャパンの次期監督は誰?「イチロー待望論」は現実的か
WBCで2009年の第2回大会以来14年ぶりの頂点に立った侍ジャパン。大谷翔平(エンゼルス)、吉田正尚(レッドソックス)、ラーズ・ヌートバー(カージナルス)の活躍、村上宗隆(ヤクルト)の復活劇、チームを一つにまとめたダルビッシュ有(パドレス)の献身的な姿勢がフォーカスされたが、栗山英樹監督の功績を忘れてはいけない。
WBC2023
dot. 3/30
大谷翔平、ダルビッシュ有、ヌートバー WBCで放った侍たちの発言を振り返る
大谷翔平、ダルビッシュ有、ヌートバー WBCで放った侍たちの発言を振り返る
「ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)で、日本代表(侍ジャパン)が14年ぶり3度目の「世界一」となった。選手たちの活躍だけでなく、その発言も注目を集めた。AERA 2023年4月3日号の記事を紹介する。
WBC2023
AERA 3/29
侍ジャパンに「唯一勝ったチーム」 中日は今季“ダークホース”となれるのか
侍ジャパンに「唯一勝ったチーム」 中日は今季“ダークホース”となれるのか
7戦全勝という形でワールド・ベースボール・クラシック(WBC)制覇を果たした侍ジャパン。史上最強という前評判通りの戦いぶりだったが、そんな中であることが密かに話題となっている。そんなチームに強化試合で唯一黒星をつけたのが昨年セ・リーグで最下位となった中日だったのだ。ちなみにこの試合は大谷翔平(エンゼルス)などメジャー組は出場しておらず、いくら力のあるチームでも歯車がかみ合わない試合はあるため、この1試合だけで中日が強いと判断するのはもちろん早計だが、期待を持たせる材料であることは間違いないだろう。
WBC2023
dot. 3/28
WBC「全員野球」で世界一になった侍ジャパン 「陰のMVP」ダルビッシュ有の貢献度
WBC「全員野球」で世界一になった侍ジャパン 「陰のMVP」ダルビッシュ有の貢献度
野球の日本代表(侍ジャパン)が14年ぶり3度目の「世界一」となった。国際大会「ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)の決勝で米国を破った。選手たちの活躍を振り返る。AERA 2023年4月3日号の記事を紹介する。
WBC2023
AERA 3/28
WBC米国で「鳴り物応援」していたのは誰? 侍Jの優勝後押し、現地で“好評”日本の応援団
WBC米国で「鳴り物応援」していたのは誰? 侍Jの優勝後押し、現地で“好評”日本の応援団
ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で世界一となった侍ジャパン。大谷翔平(エンゼルス)がMVPに輝くなど選手の活躍が目立ったが、それを後押ししたのが米国に場所を移した準決勝、決勝でも日本独自の鳴り物応援を続けた人々だ。
WBC2023
dot. 3/23
次回WBCのメンバーを予想! “新戦力”で期待したいのは? 「史上最強」更新の予感も
次回WBCのメンバーを予想! “新戦力”で期待したいのは? 「史上最強」更新の予感も
日本列島を熱狂の渦に包み込んだ第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の戦いが幕を閉じた。コロナ禍の影響で今大会は6年ぶりの開催となったが、次回の第6回大会は2026年3月に開催する予定となっている。3年後に連覇、そして4度目の優勝を狙う侍ジャパンは、果たしてどのようなメンバーになるだろうか……。
WBC2023
dot. 3/23
大谷の“照れデスターシャ”、源田の“1ミリ”、ダルビッシュの男気…WBCを「バズったワード」で振り返る
大谷の“照れデスターシャ”、源田の“1ミリ”、ダルビッシュの男気…WBCを「バズったワード」で振り返る
熱狂と興奮、感動のままに幕を閉じた第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。「史上最強」の名に恥じぬ戦いぶりで侍ジャパンが世界一に輝き、日本列島に久々の“野球フィーバー”をもたらした。その盛り上がりの中で流行した「言葉」や話題になった「出来事」を振り返りたい。
WBC2023
dot. 3/23
1 2 3 4 5
医師676人のリアル

医師676人のリアル

すべては命を救うため──。朝から翌日夕方まで、36時間の連続勤務もざらだった医師たち。2024年4月から「働き方改革」が始まり、原則、時間外・休日の労働時間は年間960時間に制限された。いま、医療現場で何が起こっているのか。医師×AIは最強の切り札になるのか。患者とのギャップは解消されるのか。医師676人に対して行ったアンケートから読み解きます。

あの日を忘れない

あの日を忘れない

どんな人にも「忘れられない1日」がある。それはどんな著名な芸能人でも変わらない。人との出会い、別れ、挫折、後悔、歓喜…AERA dot.だけに語ってくれた珠玉のエピソード。

インタビュー
国際女性デー

国際女性デー

3月8日は国際女性デー。AERA dot. はこの日に合わせて女性を取り巻く現状や課題をレポート。読者とともに「自分らしい生き方、働き方、子育て」について考えます。

国際女性デー
カテゴリから探す
ニュース
〈先週に読まれた記事ピックアップ〉「対話ができない男」石丸伸二ができるまで 安芸高田市議が証言「就任当初は攻撃的ではなかったのに…」
〈先週に読まれた記事ピックアップ〉「対話ができない男」石丸伸二ができるまで 安芸高田市議が証言「就任当初は攻撃的ではなかったのに…」
石丸伸二
dot. 19時間前
教育
〈きょうの料理京料理人・高橋拓児さん出演〉しらたきを入れても肉は硬くならない? 料理の“常識”を調べてみると…
〈きょうの料理京料理人・高橋拓児さん出演〉しらたきを入れても肉は硬くならない? 料理の“常識”を調べてみると…
グルメ
AERA 6時間前
エンタメ
〈上田と女が吠える夜きょう出演〉全盛期のベッキーを彷彿!? 井上咲楽が「バラエティー新女王」になる日
〈上田と女が吠える夜きょう出演〉全盛期のベッキーを彷彿!? 井上咲楽が「バラエティー新女王」になる日
井上咲楽
dot. 6時間前
スポーツ
プロ野球「中継ぎの負担」多いのは? 逆に起用の巧みさ目立つ球団も 後半戦に影響しそうな“疲れ”
プロ野球「中継ぎの負担」多いのは? 逆に起用の巧みさ目立つ球団も 後半戦に影響しそうな“疲れ”
プロ野球
dot. 9時間前
ヘルス
パリ五輪の選手村でもコンドーム配布 性的健康キャンペーンの意義とは? 山本佳奈医師
パリ五輪の選手村でもコンドーム配布 性的健康キャンペーンの意義とは? 山本佳奈医師
パリオリンピック
dot. 20時間前
ビジネス
〈7月24日は土用の丑の日〉なぜガス会社がウナギを育てるのか? 新規事業で養殖事業に乗り出す理由 
〈7月24日は土用の丑の日〉なぜガス会社がウナギを育てるのか? 新規事業で養殖事業に乗り出す理由 
ウナギ
dot. 18時間前