「運転がうまい」と過信している人ほど効果あり? 運転技術の「見える化」が事故防止の強力な一手に

2022/04/11 11:00

 白ナンバーのトラックによる飲酒運転が起こした痛ましい事故が引き金となり、4月から改正道路交通法施行規則が順次施行される。どうすれば自動車による悲惨な事故は減るのだろうか。その対応策の一つがドライブレコーダーの導入だ。「事故を減らすため」の次世代のドラレコも生まれている。AERA 2022年4月11日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 「次世代型ドライブレコーダー」で事故率48%減少 「優しい運転に変化した」との声も

    「次世代型ドライブレコーダー」で事故率48%減少 「優しい運転に変化した」との声も

    AERA

    4/9

    免許返納で要介護リスク2倍…高齢者が運転とうまく付き合うには?

    免許返納で要介護リスク2倍…高齢者が運転とうまく付き合うには?

    週刊朝日

    12/13

  • 運転技術をセンサーで計測 「まさか…」結果に驚く高齢者ドライバー続出

    運転技術をセンサーで計測 「まさか…」結果に驚く高齢者ドライバー続出

    週刊朝日

    1/4

    松本走り、山梨ルール、伊予の早曲がり…交差点内での危ない「ご当地運転ルール」

    松本走り、山梨ルール、伊予の早曲がり…交差点内での危ない「ご当地運転ルール」

    AERA

    6/14

  • サポートカー過信は禁物 「高齢者の暴走運転」防ぐには

    サポートカー過信は禁物 「高齢者の暴走運転」防ぐには

    週刊朝日

    6/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す