「コロナ離婚」危機に「“ここまでは許せる”妥協点を見つけて」心療内科医が助言 (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「コロナ離婚」危機に「“ここまでは許せる”妥協点を見つけて」心療内科医が助言

このエントリーをはてなブックマークに追加
川口穣,井上有紀子AERA#夫婦#新型コロナウイルス#離婚
思いを伝え合い今以上の関係を目指す(撮影/片山菜緒子)

思いを伝え合い今以上の関係を目指す(撮影/片山菜緒子)

AERA 2020年4月27日号より

AERA 2020年4月27日号より

 SNSで「コロナ離婚」がトレンドになるなど、在宅勤務や外出自粛をきっかけに夫婦の関係が悪化するケースも出てきている。AERA2020年4月27日号では、夫婦の溝を埋めるコツを専門家に聞いた。

【アンケート結果】悲痛な叫び 誰もが不安を抱えている

*  *  *
「ひどい事件……」

 4月上旬、大学の通信講座に通う女性(41)がテレビを見ていると、新型コロナの影響で収入が減ったことで口論になり、夫が妻を殴って死亡させた事件が報じられた。近くにいた夫(42)は、顔をこわばらせている。

 実は10年ほど前、女性も夫に「こんなに残業しているのに、どうしてお給料が少ないの」と言ってしまったことがある。そのとき夫は黙って部屋にこもり、それから1週間、目も合わせようとしなかった。

「お互い、そのときを思い出したんだと思います。事件の夫婦が実際どうだったかはわかりませんし暴力は論外ですが、余裕がなくなると、いつもならワンクッション置くところができなくなったり、聞くほうも意図を汲み取れなくなってしまいます」

 女性も最近、在宅勤務中の夫にイライラすることが増えた。自分は帰ったらすぐに手を洗うが、夫は先に着替えをし、ひと息ついてからやっと手を洗う。7日に緊急事態宣言が出たときに夫が「県内の移動はいいのかな。車で山に行くのは大丈夫かな」と言っているのを聞き、「そういう問題なのか?」とまたイラッときた。

 医療従事者の苦労に比べたら、自分の悩みなど大したことではないと思う。だが外出が難しくなり、ちょっとした愚痴を話す相手がいないのがつらい。友人に連絡すれば聞いてくれるかもしれないが、こんな緊急時につまらない悩みをと思い、躊躇してしまう。最近は眠りが浅くなり、朝も起きられない。家事がはかどらず、いつまでやっても終わらない。

 3月中旬ごろ、SNSでは「コロナ離婚」がトレンドワードになった。在宅勤務や外出自粛によって閉じられた空間で過ごす時間が長くなり、ストレスが増した。夫婦関係にも軋轢が生まれつつある。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい