震災「備えしている」はわずか3割 今すべきことは

東日本大震災

2014/03/11 16:00

 東日本大震災から3年。自然災害に備えて対策をしている人と、していない人の差が広がっている。アエラがインターネット調査会社「ミクシィ・リサーチ」の協力で昨年末、全国の500人を対象に行ったアンケートでは将来、大きな地震が来ることに対して9割が「強く不安」「ある程度不安」と答えたのに対し、「備えている」と答えたのは3割だった。「いつ地震がくるか知りたい」「何を備えたらいいかわからない」という声も多かった。

あわせて読みたい

  • 100均グッズでもできる大地震に強い部屋作り 「防災の習慣化」の専門家の知恵は?

    100均グッズでもできる大地震に強い部屋作り 「防災の習慣化」の専門家の知恵は?

    セルフドクター

    4/2

    巨大地震、津波から逃れても「寒さ」が敵に 低体温症の危険から身を守る備えとは?

    巨大地震、津波から逃れても「寒さ」が敵に 低体温症の危険から身を守る備えとは?

    AERA

    11/24

  • 迫る南海トラフ巨大地震と富士山噴火 「密」環境で避難所パニックも

    迫る南海トラフ巨大地震と富士山噴火 「密」環境で避難所パニックも

    週刊朝日

    1/6

    震災時に備えてホームパーティ?「災害バディ」のススメ

    震災時に備えてホームパーティ?「災害バディ」のススメ

    AERA

    9/8

  • 近年の震度3以上の地震回数

    近年の震度3以上の地震回数

    tenki.jp

    5/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す