台湾有事、最大の危険は中国の「戦略的判断ミス」 戦前の日本と類似点も

2022/08/24 11:30

 米下院議長のナンシー・ペロシ氏が台湾を訪問したのを機に、米中関係が悪化している。このまま戦争へと発展してしまうのか。『米中戦争 「台湾危機」驚愕のシナリオ』の著書がある宮家邦彦氏に解説してもらった。

あわせて読みたい

  • 「国交正常化50周年」前に冷え込む日中関係 「習近平来日」プランもペロシ米下院議長訪台で幻に

    「国交正常化50周年」前に冷え込む日中関係 「習近平来日」プランもペロシ米下院議長訪台で幻に

    週刊朝日

    8/19

    台湾有事を考える 「限定的な武力行使はいつでも起こる」の真意とは

    台湾有事を考える 「限定的な武力行使はいつでも起こる」の真意とは

    AERA

    9/3

  • 2027年までに中国「台湾侵攻」シナリオ 独立派支援で混乱を狙う可能性も

    2027年までに中国「台湾侵攻」シナリオ 独立派支援で混乱を狙う可能性も

    週刊朝日

    3/31

    「中国はまだ台湾を攻撃する自信も余裕もない」 現地の市民が軍事演習を脅威と感じない理由

    「中国はまだ台湾を攻撃する自信も余裕もない」 現地の市民が軍事演習を脅威と感じない理由

    dot.

    8/29

  • 「台湾有事が起きれば、沖縄戦の悲劇の再来が懸念される」と防衛ジャーナリスト

    「台湾有事が起きれば、沖縄戦の悲劇の再来が懸念される」と防衛ジャーナリスト

    AERA

    5/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す