【大学の重文】明治学院の外国人宣教師館、学習院女子には学習院の旧正門

2022/06/06 17:00

応接室として使われていただろう1階の部屋。壁は白い漆喰。2階の部屋の漆喰には卵の殻を練り込み、黄に色づけしている(写真/写真映像部・東川哲也)
応接室として使われていただろう1階の部屋。壁は白い漆喰。2階の部屋の漆喰には卵の殻を練り込み、黄に色づけしている(写真/写真映像部・東川哲也)

 キャンパス内に、国指定の重要文化財を所有する名門大学がある。なかなか見る機会のない歴史的建造物を訪ねるシリーズ。第3弾は「明治学院大学」と「学習院女子大学」です。

【明治学院大と学習院女子大の写真の続きはこちら】

*  *  *

■明治学院大学 インブリー館

明治学院にはかつて4棟の宣教師館があったが、3棟は校舎増設のために取り壊された(写真/写真映像部・東川哲也)
明治学院にはかつて4棟の宣教師館があったが、3棟は校舎増設のために取り壊された(写真/写真映像部・東川哲也)

 現存する最初期の外国人宣教師館のひとつ。明治22(1889)年頃に建てられ、明治学院創立にも尽力した宣教師ウィリアム・インブリー博士が、夫人と共に明治30年から帰国する大正11(1922)年まで居住した。

明治学院・インブリー館。玄関ホールから見上げる。寄せ木の張り方が場所ごとに異なっている(写真/写真映像部・東川哲也)
明治学院・インブリー館。玄関ホールから見上げる。寄せ木の張り方が場所ごとに異なっている(写真/写真映像部・東川哲也)
ドアノブには陶器が用いられている。有田焼と推測される(写真/写真映像部・東川哲也)
ドアノブには陶器が用いられている。有田焼と推測される(写真/写真映像部・東川哲也)

 木造2階建て。1階部分は廊下を通らずエントランスホールから直接各部屋に入れるように設計され、玄関も内開き扉となっているなど、同時代のアメリカ住宅の意匠を示す。一方で内装に漆喰(しっくい)壁を用いたり、ドアノブに有田焼と思われる陶器を使用するなど、和の要素も取り入れられている。

 現在は歴史資料館事務室などが置かれている。コロナ禍前までは11月上旬の東京都文化財ウィーク中に一般公開をしていた。

■学習院女子大学 学習院旧正門

学習院旧正門(写真/写真映像部・東川哲也)
学習院旧正門(写真/写真映像部・東川哲也)

 明治10(1877)年、学習院が神田錦町に開かれたときに建てられた正門。鋳鉄製で、埼玉県川口市の鋳物工場で製作された。左右に脇門と袖塀を備え、本柱と本柱の間は5.45m、本柱と脇柱の間は2.58mもの堂々としたスケール。唐草をあしらった透かし文様が入り、明治初期の様式と技術を伝える。

 神田錦町の校舎が明治19年に焼失後、学習院の所有を離れたが、卒業生有志の運動で昭和5(1930)年に目白の学習院構内に戻る。昭和25年に戸山に移され、学習院大学短期大学部(現・学習院女子大学)、学習院女子中・高等科の正門となった。

(取材・文/本誌・菊地武顕)

週刊朝日  2022年6月10日号

あわせて読みたい

  • キャビンアテンダント出身校ランキング 1位はやっぱりあの大学

    キャビンアテンダント出身校ランキング 1位はやっぱりあの大学

    dot.

    5/19

    新紙幣の偉人“ゆかりの地”に行ってみよう!~津田梅子編~

    新紙幣の偉人“ゆかりの地”に行ってみよう!~津田梅子編~

    tenki.jp

    5/7

  • ニーズない? お嬢さま大学の“良妻賢母”

    ニーズない? お嬢さま大学の“良妻賢母”

    週刊朝日

    3/2

    佳子さまだけじゃない? 実は昔からいた「アイドル皇族」

    佳子さまだけじゃない? 実は昔からいた「アイドル皇族」

    BOOKSTAND

    10/31

  • 「かわいすぎいいい」まもなく20歳 の佳子さまにネット民興奮

    「かわいすぎいいい」まもなく20歳 の佳子さまにネット民興奮

    週刊朝日

    9/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す