一律10万給付の裏に「公明・二階の乱」 安倍首相白旗で広がる「不協和音」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

一律10万給付の裏に「公明・二階の乱」 安倍首相白旗で広がる「不協和音」

このエントリーをはてなブックマークに追加
上田耕司,今西憲之週刊朝日#新型コロナウイルス
山口公明党代表(左)と安倍首相 (c)朝日新聞社

山口公明党代表(左)と安倍首相 (c)朝日新聞社

二階自民党幹事長 (c)朝日新聞社

二階自民党幹事長 (c)朝日新聞社

 新型コロナウイルスへの経済対策をめぐり政権が混乱している。「減収世帯への30万円給付」だった経済対策を急遽、「1人一律10万円給付」に転換したのだ。

【写真】今回のキーマンとなった政治家がこちら

 4月7日に政権が発表した「30万円案」には、対象世帯が少なすぎるという批判が殺到。14日、自民党の二階俊博幹事長が「一律10万円給付」に言及すると、15日には公明党の山口那津男代表が安倍晋三首相に官邸で直談判し、「10万円案」への転換を強く要望した。「連立離脱」までちらつかせる山口氏に安倍首相が折れ、16日には補正予算案組み替えの方針を党幹部に伝えた。事実上、突き上げに「白旗」をあげたのだ。

 党内には「危機的状況なのだから、臨機応変に対応したのは良かった。時には折れることも必要で、それで批判されたら仕方ない」(安藤裕衆院議員)と首相擁護の声はあるが、「官邸主導」が続いてきた流れからすると異例の展開。政治ジャーナリストの角谷浩一氏がこう解説する。

「手続き上、10万円給付は2次補正予算でやるのが普通だったでしょうが、二階氏や山口氏といったベテラン議員が“超法規的措置”でねじ込んだ。『国民からダメ出しされているのに、これでは政権は持たない』と迫ったのではないか」

 二階氏と公明党が事前に通じていたかについては、「二階さんの発言に乗じ公明党が一気にまくしたてた。前もって組んでいたのではないでしょう」(内閣官房関係者)との見方がある一方、「『公明党も声を上げてはどうか』と、二階氏側からサジェスチョンがあったようです」(公明党幹部)とみる向きもある。

 今回のキーマンとなった二階幹事長は菅義偉官房長官、麻生太郎財務相とともに安倍政権を中枢で支える「3本柱」と言われてきた。その二階氏が首相に「反旗」を翻したのか。自民党幹部は、その背景をこう語る。

「安倍さんは次期首相と目される岸田(文雄政調会長)氏と握るため、彼に30万円給付をやらせて花を持たせたかった。PRにピッタリですからね」

 だが、岸田首相になれば自身に幹事長続投の目はないと考えた二階氏が「NO」を突き付けたという。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい