ちょい足しで3度おいしい! 「スープ」の基本レシピ&アレンジ術 (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ちょい足しで3度おいしい! 「スープ」の基本レシピ&アレンジ術

このエントリーをはてなブックマークに追加
吉川明子週刊朝日
寒い季節にぴったりな、スープのアレンジ方法教えます!(写真/東川哲也・写真部)

寒い季節にぴったりな、スープのアレンジ方法教えます!(写真/東川哲也・写真部)

■血液サラサラ玉ねぎスープ
高血圧や心筋梗塞、脳梗塞のリスク回避に重要なのが、血液をサラサラに保つこと。玉ねぎと、鯖をはじめとした青魚には、血液をサラサラにする栄養素がたっぷり

【基本のスープ・材料】(2人分×3食)
鯖……3切れ
塩……少々
玉ねぎ……大2個
だし昆布……約8×2センチ大
水……6 と1/2カップ
酒……大さじ3
塩……小さじ1強
酢…大さじ1

【作り方】
(1)鯖はうす切りにして塩を振り、臭みを消すために熱湯をかける
(2) 玉ねぎはくし形切りにしておく。鍋に水と昆布を入れて中火にかけ、煮立つ直前で昆布を取り出す。そこに玉ねぎを入れてふたをし、沸騰後、弱火で10分煮る
(3)鯖と酒を入れ、再びふたをし中火でさらに10分煮立たせ、塩と酢を加えて味をととのえる

【ワンポイントアドバイス】
・鯖のかわりに鯵やブリなどの青魚もおすすめだが、鱈や鯛などの白身魚でもOK
・玉ねぎのかわりにネギを入れ、軟らかく煮てもおいしい

(1)コクを加える
+味噌小さじ1と 1/2、オリーブオイル小さじ1
鍋に基本のスープ2人分を入れて煮立て、火を止めて味噌を溶き入れ、仕上げにオリーブオイルをかける。味噌には抗酸化作用があり、オリーブオイルとの味の相性も抜群

(2)腹持ちをぐんとUP
+木綿豆腐 1/3丁
鍋に基本のスープ2人分を入れて煮立て、木綿豆腐を手で割りながら加えて3~4分煮る。仕上げにしょうゆと塩で味をととのえる。豆腐を入れることでボリュームを出せる

(3)スパイシーで食欲UP
+カレー粉 小さじ1/4
鍋に基本のスープ2人分を入れて煮立て、カレー粉を入れてひと煮立ちさせる。カレーは鯖との味の相性が意外によく、スパイスの効果で食欲も増進!

■美肌しっとり野菜たっぷりスープ
美肌にいいのは、ベータカロテンを多く含む緑黄色野菜。肌を丈夫にして潤いを保つ。抗酸化作用もあり、アンチエイジングにも効果的。スープなら冬でも野菜をいっぱい食べられる

【基本のスープ・材料】(2人分×3食)
玉ねぎ……1/2個
ニンニク……1/2かけ(厚みを半分に切っておく)
オリーブオイル……大さじ1
ベーコン……3枚
コンソメ……1個
水……6と1/2カップ
ブロッコリー……200g
人参……小1本
小松菜……200g
塩……小さじ1強
コショウ……少々


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい