神奈川出身ゆえの皮肉? Suchmos(サチモス)が会心の新作 (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

神奈川出身ゆえの皮肉? Suchmos(サチモス)が会心の新作

連載「知新音故」

このエントリーをはてなブックマークに追加
小倉エージ週刊朝日#小倉エージ#知新音故
ロック、ソウル、ジャズ、ファンク、ヒップホップが混在した音楽性を持つSuchmos(サチモス)

ロック、ソウル、ジャズ、ファンク、ヒップホップが混在した音楽性を持つSuchmos(サチモス)

バンドの自由な発想で生まれた『THE ASHTRAY』(F.C.L.S. KSCL-3062)。初回生産限定盤(同3060~1)は、昨年のZEPP東京での公演を収録した10曲入りDVD付き

バンドの自由な発想で生まれた『THE ASHTRAY』(F.C.L.S. KSCL-3062)。初回生産限定盤(同3060~1)は、昨年のZEPP東京での公演を収録した10曲入りDVD付き

 3作目となる今回の『THE ASHTRAY』の幕開けは「808」。“808”は、ドラム・マシンのTR-808に由来するらしい。「STAY TUNE」と似た曲調で、これもホンダのCMに起用された。

 歌詞も皮肉たっぷりだ。“偽物ばかりのジョーク張り合わない”“言葉を並べて どうだい?”“言い訳ばかりだ”“食い散らかし”といった言葉は、似通った情報を垂れ流すテレビのワイドショーや、ネット上の空虚な“つぶやき”を想起させる。サビの“Everything is Everywhere.”の部分では、“拙い曲の~言えない そういうの”と聞こえる。歌詞を見たら“拙い 興 苦悩”“癒えない そう you know?”と、当て字になっていた。どこにだって同じようなものばかり、どれもこれもが似たような曲ばかり――という昨今の音楽シーンへの批判が読み取れる。

 2曲目は、NHKのサッカーテーマに選ばれた「VOLT-AGE」。爆音ギターに始まるギター・ロック・ナンバーだ。シンプルなメロディーの繰り返しは、スポーツの応援歌として演奏されることが多いクイーンの「ウィ・ウィル・ロック・ユー」を思わせる。歌詞には、“Chanting”“pitch”“Sunrise blue”といったサッカーっぽい言葉が続く。サッカー好きだというYONCEのW杯への思いを描いた曲だ。

「FRUITS」は、メローなソウル・ロック。レゲエを基本に、スティーリー・ダン風のギター・リフ、バックにスティーヴィー・ワンダーを思わせるソウルフルなシャウトも。YONCEの落ち着いた歌いぶりやバンドの演奏から、各メンバーの成熟ぶりがうかがえる。両親や兄弟、姉妹への思いを描いた歌詞を含め、普遍的なラヴ・ソングに仕上がっている。

「YOU’VE GOT THE WORLD」では一転、ドラマチックな展開を見せる。ストーン・ローゼズを思わせる曲だ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい