羽生結弦はスピルバーグを超える? 引退後のシナリオ… (1/8) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

羽生結弦はスピルバーグを超える? 引退後のシナリオ…

このエントリーをはてなブックマークに追加
上田耕司,松岡かすみ,太田サトル週刊朝日#羽生結弦
五輪で圧巻の演技をみせ、金メダルに輝いた羽生(c)朝日新聞社

五輪で圧巻の演技をみせ、金メダルに輝いた羽生(c)朝日新聞社

 オリンピックのフィギュアスケート男子シングルで66年ぶりの連覇を果たした羽生結弦。世間の興奮が冷めやらぬうちに、新たな目標を口にした。羽生にとって五輪は通過点に過ぎなかったのか。絶対王者の未来のシナリオを徹底取材した。

「ちょっとやる気にはなった。アクセルを改造している状態」

 感動の金メダル獲得から1週間もたたない2月22日、羽生はリンクの上でアクセルジャンプを繰り返していた。エキシビションの練習だったが、クワッドアクセル(4回転半)への意欲はありありとみてとれた。

 かねて「五輪後」に注目が集まっていた羽生だが、早々に現役続行を表明。しかも、4回転半を跳びたいと明言したのだ。

 6種類のジャンプのうち最も難易度が高いのがアクセル。4回転では、まだ誰も成功させていない。

「目標が前人未到のものであれば、そこに自分の存在意義を感じられる。アスリートにとって、これほどうれしいやる気はない」

 ソウル五輪シンクロナイズド・スイミング銅メダリストで、現在はメンタルトレーニング上級指導士の田中ウルヴェ京さん(国際オリンピック委員会マーケティング委員)は、羽生の動機をこう分析する。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

あわせて読みたい あわせて読みたい