『現体制が信任された』八角派理事メール入手 杉山邦博が解説「貴の乱」が大失敗したワケ (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『現体制が信任された』八角派理事メール入手 杉山邦博が解説「貴の乱」が大失敗したワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加
上田耕司週刊朝日
理事選に落選した貴乃花親方(C)朝日新聞社

理事選に落選した貴乃花親方(C)朝日新聞社

 貴乃花一門の基礎票は11票でもう一人の候補者の阿武松親方が8票、貴乃花親方が2票なので、1~2人の親方が”造反”したとみられている。

「票が少なすぎる。貴乃花親方の2票の内訳は自身と長男の優一氏と娘が結婚した高砂一門の陣幕親方だろう。2票が他一門に流れたと思われるが、その親方が亡くなった北の湖親方に恩があるので、北の湖部屋を継承した山響親方(元幕内・巌雄)に入れると、投票日前日に貴乃花親方に了承を得たらしい」(貴乃花一門関係者)

熱心な"ス-ジョ"の40代女性はこう分析する。

「貴乃花は落ちたけど、他の一門のように政治的な根回しをせず、2票というのはかえって清々しさがあった。101人の親方の中には、45歳の貴乃花より若い親方が30人くらい増えており、現役の横綱時代の迫力を知らないので、一門を超えての支援には結びつかなかったのでは?」

 元NHKアナウンサーの杉山邦博氏はこう見る。
「貴乃花親方は元横綱日馬富士の傷害事件で、組織への協力姿勢が問われ、理事解任処分にされていた。それにもかかわらず、2カ月ほどで理事に復帰するのはふさわしくないという判断を多くの親方が下したのでしょう」

 貴乃花は2010年から4期連続で理事を務めてきた。相撲協会の教習所長、巡業部長、審判部長などの役職を務めたが、「就任中にいったい何を改革したのか。会議でもいつもダンマリなので何もないのではないか」という意見も協会内外から挙がっていた。

「これから貴乃花一門は阿武松さんを中心にまとまっていくでしょう。阿武松さんは現役時代からはっきり発言をし、しっかりとした意志をもった人です。貴乃花親方はだんだん孤立化が深まるのではないか」(杉本氏)



トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい