真央、伊達、藍…引退目立ったスポーツ界2017 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

真央、伊達、藍…引退目立ったスポーツ界2017

このエントリーをはてなブックマークに追加
上田耕司,太田サトル,松岡かすみ,大塚淳史,吉崎洋夫,秦正理,直木詩帆週刊朝日#フィギュアスケート#浅田真央
浅田真央(c)朝日新聞社

浅田真央(c)朝日新聞社

2017年の印象的な語録 その1(週刊朝日 2017年12月29日号より)

2017年の印象的な語録 その1(週刊朝日 2017年12月29日号より)

2017年の印象的な語録 その2(週刊朝日 2017年12月29日号より)

2017年の印象的な語録 その2(週刊朝日 2017年12月29日号より)

2017年の印象的な語録 その3(週刊朝日 2017年12月29日号より)

2017年の印象的な語録 その3(週刊朝日 2017年12月29日号より)

2017年の印象的な語録 その4(週刊朝日 2017年12月29日号より)

2017年の印象的な語録 その4(週刊朝日 2017年12月29日号より)

 2017年、記憶に残る言葉は? 今回はスポーツ界を総ざらい。

【2017年の印象的な語録はこちら】

スポーツ界では女性の有名アスリートの引退が目立った。その筆頭が女子フィギュアスケートの浅田真央だろう。2010年のバンクーバー五輪で銀メダルを取り、国民的な人気を集めていた。4月12日の引退会見では最後に、「スケート人生で経験したことを忘れずに、これから新たな目標を見つけて、笑顔で前に進んでいきたいと思います」と述べた。

 女子テニス界のレジェンド、伊達公子も46歳でコートを去った。25歳でいったん退いたが37歳で現役復帰。4大大会の本戦に進むなど、健在ぶりを見せた。伊達さんは本誌にコメントを寄せてくれた。

「2017年は1年以上続いたひざのリハビリからツアーへ復帰し、数大会をこなした結果、肩を痛め、引退。そして11月末に肩の手術と本当に目まぐるしい1年でした。その中で多くの方にねぎらわれ、励まされ、大きな力を得た1年にもなりました。テニス、またスポーツが日本の文化として確立できるよう、自分にできることを模索しながら、これからもチャレンジしていきたいと思います」

 女子ゴルフ界を長年引っ張ってきた宮里藍は、9月の米ツアーが現役最後となった。愛嬌(あいきょう)のある笑顔で知られる宮里は「今は解放感のほうが大きい」と試合後に語った。

 一方、いろんな意味で世間の注目を集めたのが大相撲だ。稀勢の里が初場所で優勝し、19年ぶりの日本出身横綱となった。11月になると、横綱日馬富士の貴ノ岩への暴行が発覚。貴ノ岩の師匠の貴乃花親方と相撲協会との関係悪化も表面化した。最終的に日馬富士は引退し、傷害容疑で書類送検された。会見で日馬富士は、

「お酒を飲んで人を傷つけたり暴れたり、酒癖悪いといわれたことは一度もない。酒飲んだからこその事件じゃないので、これは」

 などと主張。貴乃花親方と相撲協会との関係もこじれたままで、この問題は年内の決着はなさそうだ。

 もちろん明るい話題もいろいろあった。高校野球では早稲田実業3年の清宮幸太郎が高校通算111本塁打と歴代最多記録を達成。9月22日のプロ入り表明会見では母校の偉大なる先輩、王貞治氏の本塁打記録について、「868本塁打は目指さないといけないという使命感はある」と語った。来年は日本ハムのユニホームを着る。

 清宮と入れ替わりで日ハムを離れ、念願のメジャーリーグに挑戦するのが大谷翔平。ロサンゼルス・エンゼルスへの入団が決まり、現地のファンに英語であいさつするなど、早くも期待が高まっている。

 サッカーでは、ワールドカップ(W杯)ロシア大会の最終予選を、日本代表が苦しみながらも突破した。

 卓球の平野美宇の快進撃やボクシングの村田諒太の世界王者、佐藤琢磨のインディ500優勝など、表には盛り込めなかった快挙も数多い。来年は平昌五輪やサッカーW杯ロシア大会もある。選手たちの素晴らしい活躍が、また見られるはずだ。(一部敬称略)

(本誌・上田耕司、太田サトル、松岡かすみ、大塚淳史、吉崎洋夫、秦正理、直木詩帆)

週刊朝日 2017年12月29日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい