偏差値40台だったのに! 「勝ち組」育てる“奇跡”の大学 (5/5) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

偏差値40台だったのに! 「勝ち組」育てる“奇跡”の大学

このエントリーをはてなブックマークに追加
永井貴子週刊朝日#大学入試
トヨタ自動車の寄付を受け、抜群の教育環境を誇る豊田工大(豊田工大提供)

トヨタ自動車の寄付を受け、抜群の教育環境を誇る豊田工大(豊田工大提供)

偏差値は合格率50%をボーダーラインとする(東進提供)
*センター利用型入試のため、同型の基準偏差値を使用。一般入試よりも値が高い傾向あり。
「実就職率(%)」は、就職者数÷〔卒業(修了)者数-大学院進学者数〕×100で算出。
データは、各大学発表による2017年の就職状況(調査・大学通信)
*金沢星稜大学は、大学が公表した2016年の就職状況

偏差値は合格率50%をボーダーラインとする(東進提供)
*センター利用型入試のため、同型の基準偏差値を使用。一般入試よりも値が高い傾向あり。
「実就職率(%)」は、就職者数÷〔卒業(修了)者数-大学院進学者数〕×100で算出。
データは、各大学発表による2017年の就職状況(調査・大学通信)
*金沢星稜大学は、大学が公表した2016年の就職状況

 大学全体の志願者数も4年連続1位と人気はうなぎのぼり。ブランド力も偏差値もグンと上げ、これまで紹介した大学の先輩格といえるのが近畿大だ。16年に新設した国際学部は500人の学生全員を入学からわずか半年で1年間留学させる常識破りで話題をさらった。語学学校と連携しての語学教育に力を入れ、1期生のTOEICの平均スコアは留学前後で330点上がり、平均700点。

 学生への目配りはきめ細かい。OBのつんく♂がプロデュースして話題となった派手な入学式も近大名物だ。広報室長の加藤公代さんがこう話す。

「志望校に落ちて、不本意入学をした新入生のモチベーションをあげるために、全学で挑む入学式は約15年前から続けています」

 入学後の指導も丁寧だ。友達づくりを目的に1年全員に基礎ゼミを必修化。基礎ゼミでは、新聞の読み方や図書館の活用方法など学びの基礎を教える。さらに力を入れるのが中退者を減らす環境整備だ。保護者ポータルサイトが好評で、ネット上でわが子の出欠を確認できる。さらに同じ講義を3回以上欠席するとゼミの担当教員から連絡が入る。そうした成果もあり、15年の中退率は0.9%と、08年の3.2%から激減している。

(本誌・永井貴子)

週刊朝日 2017年12月8日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい