芸能界のあのモテ男が選ぶプチギフトが「ハンドクリーム」なワケ (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

芸能界のあのモテ男が選ぶプチギフトが「ハンドクリーム」なワケ

連載「楽屋の流行りモノ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。人気番組「情報ライブミヤネ屋」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。人気番組「情報ライブミヤネ屋」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

ハンドクリームは、ちょっとしたプレゼントにぴったり。「ロクシタン」ならば女性ウケもなおよし。「シアハンドクリーム」1512円(税込み)。「シアナンバーワンキット」2268円(同)。全国のロクシタンショップ、公式通販サイト(https://jp.loccitane.com/)で購入できる。 通販は電話での注文も可能。

ハンドクリームは、ちょっとしたプレゼントにぴったり。「ロクシタン」ならば女性ウケもなおよし。「シアハンドクリーム」1512円(税込み)。「シアナンバーワンキット」2268円(同)。全国のロクシタンショップ、公式通販サイト(https://jp.loccitane.com/)で購入できる。 通販は電話での注文も可能。

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が楽屋の流行(はや)りモノを紹介する。今回は、ロクシタンの「シアハンドクリーム」について。

【モテたい男子必見!女子ウケするプチプレゼントはこちら】

*  *  *
 年末は、バラエティー番組の2時間、3時間超えの特番や、2本撮り、3本撮りが行われるシーズン。

 昨今の風潮として、頻繁な衣装替えを強いない番組が多いように思う。いわゆる“撮れ高”次第で、異なる日に収録されたブロックを一本にすることも多く、よく見ると、一本の番組でヒナ壇に座っているタレントが変わっているケースも。

 いずれにせよ、長い長い収録番組において、男性出演者が衣装のポケットに入れているのは「フリスク」と「リップクリーム」。そして女性出演者は「ハンドクリーム」ではないだろうか。

 女性タレントや女子アナが、メイクを終え、最後に手になじませるのがハンドクリーム。手の甲に潤いを与えるだけでなく、塗りながら簡単なマッサージを施すと、手肌の色が劇的に明るくなるので、本番前には不可欠なことだ。

 かつて「女子が集まる飲み会に必ず人数分のプチプレゼントを持参する」とトーク番組で明かしたのは、チャラ男であり、モテ男としても有名なオリエンタルラジオの藤森慎吾である。

 驚く共演者が、そのアイテムを訊ねると、藤森は迷わず「ハンドクリームや入浴剤」と答えた。視聴者の多くが『ロクシタン』を思い浮かべたと思う。

 南仏プロヴァンス生まれのコスメブランドで、路面店よりも、駅ナカや複合商業施設に必ずと言っていいほど入っている有名店としてもおなじみだ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい