無呼吸、夜3回以上のトイレ…突然死のリスクが高まる睡眠とは

病気

2017/09/04 07:00

 脳卒中や心筋梗塞など、血管の障害で起こる病気を「血管イベント」という。高血圧や糖尿病はそのリスクとしてよく知られるが、一見関係のないような睡眠中の症状が発症リスクや前兆になっている可能性がある。好評発売中の週刊朝日ムック「脳卒中と心臓病のいい病院」からその一部を紹介する。

あわせて読みたい

  • 「血圧サージ」による脳卒中や心筋梗塞を防ぐ10カ条

    「血圧サージ」による脳卒中や心筋梗塞を防ぐ10カ条

    週刊朝日

    12/10

    健診は正常値でも“職場だけ高血圧”の危険! なりやすい人の特徴とは?

    健診は正常値でも“職場だけ高血圧”の危険! なりやすい人の特徴とは?

    AERA

    12/17

  • 年齢で見直しも必要? 高血圧・糖尿病の人の「薬との付き合い方」

    年齢で見直しも必要? 高血圧・糖尿病の人の「薬との付き合い方」

    週刊朝日

    10/28

    喫煙、高血圧、糖尿病… 突如襲われる「脳卒中」と「心筋梗塞」の共通リスク

    喫煙、高血圧、糖尿病… 突如襲われる「脳卒中」と「心筋梗塞」の共通リスク

    週刊朝日

    12/5

  • 交通事故を起こす確率が2~3倍に! 自分で気づけない睡眠時無呼吸症候群の恐怖

    交通事故を起こす確率が2~3倍に! 自分で気づけない睡眠時無呼吸症候群の恐怖

    dot.

    9/20

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す