医療費、介護費の負担もズシリ…75歳高齢者で下流老人急増も

シニア

2017/01/25 07:00

 日本老年学会と日本老年医学会の「高齢者は75歳以上」という提言が波紋を呼んでいる。現在、65歳を基準にしている社会保障の制度が多く、基礎年金の支給が始まり、介護保険で原因に関わらずサービスを受けられるのは65歳以上だ。もし実現した場合、その基準も引き上げられるのではないかと懸念されているのだ。さらに、自分で資産を運用する個人型の確定拠出年金(DC)に、今年から原則として誰でも入れるようするなど、政府は社会保障のカットに向けて対策をとっている。

あわせて読みたい

  • 「老後」が消える日 年金支給開始が70歳なら1300万円の損

    「老後」が消える日 年金支給開始が70歳なら1300万円の損

    週刊朝日

    1/25

    古賀茂明「菅首相の年金政策は場当たり的」
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    古賀茂明「菅首相の年金政策は場当たり的」

    週刊朝日

    12/22

  • 「75歳」が老化の節目!? 超高齢化社会で変わる病気の常識

    「75歳」が老化の節目!? 超高齢化社会で変わる病気の常識

    週刊朝日

    6/5

    79歳でパートを掛け持ち…“過労老人”に転落する人々

    79歳でパートを掛け持ち…“過労老人”に転落する人々

    週刊朝日

    12/13

  • 高齢者の9割が貧困化 「下流老人」に陥る5つのパターン

    高齢者の9割が貧困化 「下流老人」に陥る5つのパターン

    週刊朝日

    6/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す