育児休業中の鈴木おさむに聞いた「パタニティブルーにならないための3カ条」

1970年生まれの団ジュニたちへ

出産と子育て

2016/06/26 07:00

 男性も育児に関わることが多くなった今、男性の産後うつ「パタニティブルー」に悩む人が増加している。虐待にも繋がるとのことだが、どうすればそうした状態にならないよう防止できるのか。昨年から育児休暇を取っている放送作家の鈴木おさむ氏に聞いた。

あわせて読みたい

  • 「夫が育児を“手伝う”ではダメ」専門家が指摘 コロナ禍で「産後うつ」急増か 

    「夫が育児を“手伝う”ではダメ」専門家が指摘 コロナ禍で「産後うつ」急増か 

    dot.

    3/8

    パパにできる子育てって何? ママが笑顔になる“間接育児”のすすめ

    パパにできる子育てって何? ママが笑顔になる“間接育児”のすすめ

    出産準備サイト

    11/7

  • 1日の家事・育児時間はママがパパの6倍 “ワンオペ育児”の背景に長時間労働

    1日の家事・育児時間はママがパパの6倍 “ワンオペ育児”の背景に長時間労働

    AERA

    9/11

    家事の男女不平等、なぜ男性に「当事者意識」なし? 背景に「稼ぎは夫」「ケアは妻」の根深さ

    家事の男女不平等、なぜ男性に「当事者意識」なし? 背景に「稼ぎは夫」「ケアは妻」の根深さ

    AERA

    3/10

  • 「イクメン」ブームの陰で増える父親の「パタニティブルー」

    「イクメン」ブームの陰で増える父親の「パタニティブルー」

    週刊朝日

    6/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す