下流老人になるのは一般論信者 必要なのはお金より◯◯

下流老人

2015/06/26 07:00

 高齢者層の貧困が際立っている。生活困窮者を支援している認定NPO法人、自立生活サポートセンター「もやい」では年間3千人の生活相談を受けており、平均年齢は45歳だが、80歳からの相談もあるという。大西連理事長はこう話す。

あわせて読みたい

  • 高齢者の9割が貧困化 「下流老人」に陥る5つのパターン

    高齢者の9割が貧困化 「下流老人」に陥る5つのパターン

    週刊朝日

    6/25

    目安は子ども40歳 親の「下流老人」化を防ぐには

    目安は子ども40歳 親の「下流老人」化を防ぐには

    週刊朝日

    6/26

  • 「普通の老後」が難しい 年収700万円でも老後は「ギリギリ」

    「普通の老後」が難しい 年収700万円でも老後は「ギリギリ」

    AERA

    9/23

    下流老人の復讐 年々増加する高齢者の犯罪

    下流老人の復讐 年々増加する高齢者の犯罪

    週刊朝日

    7/8

  • 6月号NPO法人POSSE代表 今野晴貴 Konno Haruki世代間対立をしている場合ではない

    6月号NPO法人POSSE代表 今野晴貴 Konno Haruki世代間対立をしている場合ではない

    6/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す