稲垣えみ子「老後のお金を考える 『多ければ安心』の罠」

  • 稲垣えみ子(いながき・えみこ)/1965年、愛知県生まれ。元朝日新聞記者。著書に『魂の退社』(東洋経済新報社)など。電気代月150円生活がもたらした革命を記した魂の新刊『寂しい生活』(同)も刊行

    稲垣えみ子(いながき・えみこ)/1965年、愛知県生まれ。元朝日新聞記者。著書に『魂の退社』(東洋経済新報社)など。電気代月150円生活がもたらした革命を記した魂の新刊『寂しい生活』(同)も刊行

  • 不肖私の財布。大切なお金に敬意を払い、お札の向きを揃え、余分なレシートは小まめに整理(写真:本人提供)

    不肖私の財布。大切なお金に敬意を払い、お札の向きを揃え、余分なレシートは小まめに整理(写真:本人提供)

稲垣えみ子(いながき・えみこ)/1965年、愛知県生まれ。元朝日新聞記者。著書に『魂の退社』(東洋経済新報社)など。電気代月150円生活がもたらした革命を記した魂の新刊『寂しい生活』(同)も刊行
不肖私の財布。大切なお金に敬意を払い、お札の向きを揃え、余分なレシートは小まめに整理(写真:本人提供)

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す