プレジデントオンライン

「犬は主人に対して忠誠心を持つ」は間違い…科学的研究でわかった犬が本当に考えていること

「犬は主人に対して忠誠心を持つ」は間違い…科学的研究でわかった犬が本当に考えていること

 犬と接するときはどんなことに気を付けるべきか。ドッグトレーナーの鹿野正顕さんは「犬を擬人化してはいけない。あくまで動物であり、常に本能で動いている。人間側の一方的な思いや価値観で犬と接してはいけない

プレジデントオンライン

11/30

  • 面接の最後の「そちらから質問はありますか?」という問いで、即不採用となる5つのNG回答

     採用面接で最後に聞かれる「何か質問はありますか?」という逆質問にはどう応えればいいのか。転職エージェントの森本千賀子さんは、「面接の受け答えがうまくできなかった場合でも、最後の逆質問は一発逆転のチャ

    プレジデントオンライン

    11/24

  • 「私はこうやって筑紫哲也さんへ電話攻撃をした」元信者が語る旧統一教会の“抗議電話”の手口

     なぜ、政治家は最初から旧統一教会と手を切ると言えなかったのか。元信者でジャーナリストの多田文明さんは「旧統一教会の側についておかないと、選挙においてどんな組織的な妨害工作を受けるかわからない恐怖心が

    プレジデントオンライン

    11/16

  • 保護者が注目…近ツリのPTA代行サービスが突きつける"何のためのPTAなのか"という深い問い

     2022年8月に近畿日本ツーリストが「PTA業務アウトソーシングサービス」を開始した。東京都内の公立小学校でPTA会長を3年務めた政治学者の岡田憲治さんは「時代にそぐわない活動を続けてきたPTAにと

    プレジデントオンライン

    11/11

  • 「入社1年目でお茶くみを拒否したら全女性が敵に」均等法第一世代の女性を定年まで苦しめたものの正体

     均等法第一世代の女性たちが定年を迎える年齢に達している。この法律は、女性に何をもたらしたのか。窪田礼子さん(仮名)は男女雇用機会均等法が制定された1985年に就職。入社1年目にお茶くみの廃止と制服の

    プレジデントオンライン

    11/4

  • かつての吉野家の売り文句が「うまい、安い、早い」ではなく「早い、うまい、安い」だった深すぎる理由

     吉野家の牛丼は「うまい、安い、早い」で親しまれている。このキャッチコピーは、急成長を遂げた1970年代までは「早い、うまい、安い」という順番だった。なぜ「早い」が最初だったのか。日本フードサービス協

    プレジデントオンライン

    10/27

  • コンビニと牛丼チェーンのBGMは決定的に違う…感情を意のままに操る「音声マーケティング」のすごい効果

     店内で流れるBGMをどれだけ意識しているだろうか。たとえばコンビニエンスストアと牛丼チェーンでは流れているBGMのテンポが明らかに異なる。そこには「音声マーケティング」という考え方が反映されている。

    プレジデントオンライン

    10/18

この人と一緒に考える

  • 日本では「デブモデル」とイジられるだけ…身長163cm体重80kgの私がアメリカでは大成功できた理由

    「モデル」と聞いて、どんな体型の人をイメージするだろうか。身長は163cm、体重80kgで、アメリカでモデルとして活躍する藤井美穂さんは「大学卒業後に渡米することで、モデルとして活躍する道が開けた。古

    プレジデントオンライン

    10/14

  • 日本に「本物の城」は12しかない…城めぐりを楽しむ人たちに伝えたい姫路城と小田原城の決定的違い

     全国的に城郭の入場者数が増えている。歴史評論家で城マニアの香原斗志さんは「戦後に復元された城には、観光のために過去の姿とは異なるデザインにしたものが多くある。そうした知識をもっておいたほうが、城めぐ

    プレジデントオンライン

    10/5

  • 「3C・4低・3強・3生」という高い壁…結婚したくても結婚できない日本人男性が増える根本原因

    「生きづらい」とこぼす日本人男性が増えている。『男が心配』(PHP新書)の著者で、20年以上にわたり、男性の生きづらさを取材、研究してきた近畿大学の奥田祥子教授は「依然として『男らしさ』に縛られている

    プレジデントオンライン

    9/28

  • なぜ誰もおかしいと気づかないのか…学校で「背の低い順に並ぶのは差別」と主張する現役教員の納得の理由

     なぜ、日本の学校では整列する際、背の順に並ぶのか。現役小学校教員の松尾英明さんは「背丈という本人にはどうしようもない身体的特徴を並べて比較し、小さい方から大きい方へと序列をつけて並べる。これは差別で

    プレジデントオンライン

    9/22

  • なぜ一人だけホームランを量産しているのか…ヤクルト・村上宗隆と他の日本人打者との決定的な違い

     東京ヤクルトスワローズの村上宗隆選手は、今シーズン55本塁打(9月13日現在)を記録し、ホームラン王だけでなく、打率、打点の「三冠王」を期待されている。スポーツライターの広尾晃さんは「並外れた集中力

    プレジデントオンライン

    9/14

  • ホテルニューオータニが44万円+月2万円で提供する「結婚相談所」最上級コースの全貌

     ホテルニューオータニは、今年3月に結婚相談所「ホテルニューオータニ マリッジ コンシェルジュ」をスタートさせた。3つのコースの中で人気殺到なのが最も初期費用が高い44万4400円のコースだ。これに加

    プレジデントオンライン

    9/7

この話題を考える

  • サイコロを振ると最大2万4240円のお得…鉄道ジャーナリストが本気で勧める"超お得きっぷ"大公開

     休日に使えるお得な切符はないものか。鉄道ジャーナリストの東香名子さんは「2022年夏と秋のシーズンにJRから発売されているものでは、『北海道&東日本パス』がすごい。あまりのお得さに感動の涙がでるほど

    プレジデントオンライン

    9/2

  • 日本に許可取りするより、自作したほうが早い…中国やアメリカで「日本風アニメ」の制作が本格化した事情

     中国やアメリカで「日本風」のアニメやゲームの製作が本格化している。中国のコンテンツビジネスに詳しい峰岸宏行さんは「日本の人気作を輸入すると権利関係が複雑で面倒なため、自作する動きが広がっている。この

    プレジデントオンライン

    8/25

  • 「追加で500万円」を払わないと新居に住めない…戸建住宅の引き渡しで相次ぐ「インフレ特約」という想定外

     住宅の建築費用が大幅に上昇している。不動産コンサルタントの長嶋修さんは「『追加で500万円を支払え』というケースもある。こうした値上げは『特約』に書き込まれている場合、合法なので対応するしかない」と

    プレジデントオンライン

    8/8

  • 「店で提供されているから安全だろう」は大間違い!中毒者が急増する“鶏レアチャーシュー”の根本原因

     今年6月、鶏肉の生食が原因とみられる食中毒が発生し、愛媛県内のラーメン店が営業停止処分を受けた。鶏肉を原因とする「カンピロバクター食中毒」はほかにも被害が報告されている。科学ジャーナリストの松永和紀

    プレジデントオンライン

    7/28

  • 「英検1級の小6がバタバタ落ちる」帰国生中学入試の最難関“渋ズ” 合格者のほぼ100%を輩出する英語塾の正体

     中学受験が過熱する中、首都圏の国公私立中学約160校が「帰国生入試枠」を設けている。毎年約1000人がこの入試に挑むが、アメリカ大学院卒で、帰国子女を育てているライターの恩田和さんによれば「英語受験

    プレジデントオンライン

    7/21

  • 小室圭さんとは“覚悟”が違う…夫の3度目の司法試験を前に眞子さんが「展覧会を開きたい」と熱望するワケ

    「品位を保った生活」は日に日に難しくなっているのでは 小室圭・眞子夫妻にとって「運命の7月」が始まった。 7月26、27日に3度目の司法試験が待ち構える小室圭さんにとってはもちろんだが、もしまた不合格

    プレジデントオンライン

    7/14

1 2 3 4

カテゴリから探す