「病気」に関する記事一覧

  • フリーランス医師として生きる 「国境なき医師団」の一員として紛争地域で医療活動

     医療・人道援助を行う民間の国際NGO「国境なき医師団」(MSF)。週刊朝日ムック「医学部に入る2022」(9月24日発売)では、救急医・医療活動マネジャーとして、主に紛争地で活動する真山剛医師に話を

    dot.

    9/26

  • コロナ自宅療養者への往診で注目! 「ファストドクター」代表・菊池亮医師の起業のきっかけは?

     医療機関が休診となる夜間や休日に、救急の往診などの新たな選択肢を提供する「ファストドクター」。現在は自治体と連携し、新型コロナウイルス感染症の自宅療養者への往診なども行っている。週刊朝日ムック「医学

    dot.

    9/25

  • 子宮内膜症、子宮筋腫…婦人科系疾患が増えている原因は現代女性のライフスタイルにあり?

     子宮内膜症、子宮筋腫、乳がん、子宮体がんなど、婦人科系の病気が増えている今、定期的に「検診」を受けるなどし、自分の体の状態を「知る」ことが重要になっています。自分の体を知ることは、人生を前向きに考え

    セルフドクター

    9/25

  • 乳がんや子宮がんなどの重大な病気ほど初期症状がない! 女性こそ「検診」を受けてほしい

     子宮内膜症、子宮筋腫、乳がん、子宮体がんなど、婦人科系の病気が増えている今、定期的に「検診」を受けるなどし、自分の体の状態を「知る」ことが重要になっています。自分の体を知ることは、人生を前向きに考え

    セルフドクター

    9/25

  • 映画「いのちの停車場」作者・南杏子医師が18歳の自分に伝えたかった終末期医療のあたたかさとは

     現役の医師である傍ら、小説家としても活躍する南杏子医師。在宅医療を描いた『いのちの停車場』(幻冬舎)は映画化され、大きな反響を呼んだ。週刊朝日ムック「医学部に入る2022」(9月24日発売予定)では

    dot.

    9/23

  • コロナ新規感染者が減少している今、なぜ規制を解除しない? 女医の見解は

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「日本の隔離制限などの解除はいつになる?」について、NPO法人医療ガバ

    dot.

    9/22

この人と一緒に考える

  • 養老孟司 命に関わる大病を患って実感した、“体の声”を聞くことの大切さ

    「病院で検査を受けて『帰りに天ぷらでも食べよう』と話していたら、医師があわてて『養老先生、心筋梗塞です』と」 数々のベストセラーを世に送り出す、解剖学者の養老孟司先生。養老先生は昨年、医師から「助かっ

    dot.

    9/20

  • 交通事故を起こす確率が2~3倍に! 自分で気づけない睡眠時無呼吸症候群の恐怖

     睡眠中に呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」。この病気の怖さは眠気やいびきだけでなく、高血圧や心臓病など、さまざまな病気につながるリスクだ。睡眠時無呼吸症候群の背後に潜む病気や早期発見の重要性を専門医

    dot.

    9/20

  • 若林健史

    若林健史

    食道がん患者から歯周病菌を検出! 研究論文で発表された食道がんと歯周病との関連とは?

     消化器がんの一つである食道がん。他のがんに比べ早期発見が難しく、進行が早いと言われています。この食道がんに歯周病菌が関係していることがわかってきました。歯科医師で歯周病専門医の若林健史歯科医師に詳し

    dot.

    9/20

  • 排便時に強くいきむと発症する「きれ痔」 便秘になりやすい人は要注意!

     便秘がちで、排便の際に強くいきむことが多いと起こりやすくなるきれ痔。赤ちゃんから高齢者まで、広く発生することから、毎日、おしりの負担にならない排便習慣を続けることが、悪化防止・再発防止の要になる。*

    dot.

    9/15

  • 大人気ドラマ「TOKYO MER」の監修医師が鈴木亮平を「スカウトしたくなった」演技力とは?

     大人気の医療ドラマだが、その裏では現役医師による医療監修が欠かせない。2021年夏のドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」の監修者のひとりである東京都済生会中央病院・救命救急センタ

    dot.

    9/12

  • GACKTの「発声障害」とは? 喉に異常なく、いじめで言葉が出なくなる人も

     9月8日歌手のGACKTが重度の発声障害により無期限休止を発表。その日の公式ホームページで<突発性の発声障害のような状態になってます。簡単に言うと、声がうまく出せず話すことが困難>と明かし

    dot.

    9/12

この人と一緒に考える

  • 冷えによる不調に! 植物療法「フィトセラピー」で心と体を整える方法

     コロナの感染拡大に暑さも加わって、冷房の効いた室内にいる時間が長くなっていた人も少なくないのでは? 冷えた室内で冷たい物ばかり食べていると、体が冷えて様々な不調の原因になってしまいます。今回は、植物

    セルフドクター

    9/11

  • 山本佳奈

    山本佳奈

    コロナ禍で子宮頸がんワクチン積極勧奨再開先送りで圧倒的出遅れをどうする?

     日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「子宮頸がんワクチンの接種が進まない日本の問題点」について、

    dot.

    9/8

  • 息苦しさ感じない「ハッピー・ハイポキシア」の危険性 新型コロナ自宅療養者の急変のなぜ?

     新型コロナウイルスの患者には、「ハッピー・ハイポキシア」(幸せな低酸素症)と呼ばれる症状が報告されている。本来、肺炎が悪化して血液中の酸素濃度が低下すると息苦しさを訴えるが、「ハッピー・ハイポキシア

    dot.

    9/4

  • 肛門に激痛、膿が出る! 「あな痔」を放置するとがん化するケースも

     痔は肛門周辺に起こる身近な病気といえる。痔には、いぼ痔(痔核)、あな痔(痔ろう)、きれ痔(裂肛)がある。あな痔は若い世代の男性に起こりやすく、前段階として、激痛を伴う「肛門周囲膿瘍」を発症

    dot.

    9/4

  • 大塚篤司

    大塚篤司

    しいたけを食べて皮膚にかゆみが出る「しいたけ皮膚炎」 皮膚科医が解説

    「〇〇を食べれば健康になる」というフレーズを、以前は新聞、雑誌、テレビでよく見かけました。最近は減ってきていますが、特定の食材を食べて健康になるとか病気が治るというのは、大体の場合、医学的に間違いです

    dot.

    9/3

  • コロナ自宅療養10万人で登山用「酸素缶」が品薄状態 専門医は「効果は限定的」

     新型コロナウイルスで自宅療養している人が全国で9万6709人(8月18日時点)おり、東京都では、8月中に12人の自宅療養者が亡くなった(25日時点)。医療の逼迫により、速やかに入院ができない深刻な状

    dot.

    8/27

1 2 3 4 5

カテゴリから探す