「前立腺がん」に関する記事一覧

【病院ランキング】前立腺がん治療数全国トップ40病院 2位・国がん東病院を抑えた1位の病院は?
【病院ランキング】前立腺がん治療数全国トップ40病院 2位・国がん東病院を抑えた1位の病院は?

男性で最も多いがんの前立腺がんは増える傾向にあり、2019年に前立腺がんと診断された人は9万4748人です。50代から急に増え始め、70代後半から80代にかけてが最も多くなっています。週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院』は毎年、全国の病院の1年間の手術数を調査しており、創刊21年目を迎えた2023年版では、2021年1年間に実施された手術数のランキングを掲載しています。ここでは、「前立腺がん治療」の全国ランキングをお届けします。

dot.
医師が提案する抗がん剤を断りたい ステージ4患者「そこまでしなくても」【医師との会話の失敗例と成功例】
医師が提案する抗がん剤を断りたい ステージ4患者「そこまでしなくても」【医師との会話の失敗例と成功例】
病院に行き外来で主治医にいろいろ聞こうと思っていても、短い診療時間でうまく質問できなかったり、主治医の言葉がわからないまま終わってしまったりしたことはありませんか。短い診療時間だからこそ、患者にもコミュニケーション力が求められます。それが最終的に納得いく治療を受けることや、治療効果にも影響します。今回は、86歳の前立腺がんステージIVの患者が医師から提案されている抗がん剤治療を断りたいと考えています。医師との会話の失敗例、成功例を挙げ、具体的にどこが悪く、どこが良いのかを紹介します。
がんがん薬物療法前立腺がん病気病院
dot. 5/20
【前立腺がん】男性で最も多いがんで増加傾向 排尿関連の症状があり受診して見つかることも
【前立腺がん】男性で最も多いがんで増加傾向 排尿関連の症状があり受診して見つかることも
前立腺がんの多くは、ゆっくりと進行するので、なかにはすぐに治療を始めなくていいケースもあります。治療後の生存率も、がんのなかで最も高く、寿命に影響しないこともあります。高齢者に多いがんですが、若い世代が発症することもあり、一部には進行が早いタイプもあるので油断は禁物です。
いい病院2023がん前立腺がん病気病院
dot. 1/23
太眉の似合う昭和のスター西郷輝彦さん逝く 「55周年のショーを開きたがっていた」
上田耕司 上田耕司
太眉の似合う昭和のスター西郷輝彦さん逝く 「55周年のショーを開きたがっていた」
「好きなんだけど~」の歌いだしの大ヒット曲「星のフラメンコ」で知られる歌手で俳優の西郷輝彦さん(享年75)が20日、前立せんがんのため、都内の病院で亡くなった。事務所が発表した。
前立腺がん西郷輝彦訃報
dot. 2/21
西郷輝彦さん前立腺がんで死去 放射線と手術、患者はどう治療法を選べばいい?
西郷輝彦さん前立腺がんで死去 放射線と手術、患者はどう治療法を選べばいい?
歌手で俳優の西郷輝彦さん(本名今川盛輝=いまがわ・せいき)が20日午前9時41分、前立腺がんのため都内の病院で亡くなった。75歳だった。橋幸夫、舟木一夫と「御三家」と呼ばれ人気を呼んだ。
前立腺がん病気病院西郷輝彦
dot. 2/21
前立腺がん治療数全国トップ病院 新型コロナでも治療数が減らなかった理由とは?
前立腺がん治療数全国トップ病院 新型コロナでも治療数が減らなかった理由とは?
がんと診断される人が日本人男性で最も多い前立腺がん。ゆっくり進むケースが多いものの、新型コロナウイルス感染症の流行拡大によって治療が遅れてしまうと、命に関わるおそれがある。このような状況下に、治療数トップの病院はどのように対応しているのか。週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2021』で、2019年の前立腺がん治療数が全国1位となった神奈川県立がんセンターで副院長、泌尿器科部長・前立腺センター長を務める岸田健医師に話を聞いた。
いい病院2021がん前立腺がん病気病院
dot. 5/4
前立腺がん治療数全国トップに躍進した病院 要因は「最先端の治療を選択できる」
前立腺がん治療数全国トップに躍進した病院 要因は「最先端の治療を選択できる」
日本人男性で、1年間にがんと診断される人が最も多いのは前立腺がんである。週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2021』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から得た回答結果をもとに、手術数の多い病院をランキングにして掲載している。
いい病院2021がん前立腺がん病気病院
dot. 5/3
この話題を考える
ニッポンの未来

ニッポンの未来

弁当の無料配布に行列ができる一方で、1部屋25億円というタワマンが人気を博する―――。 バブル崩壊から30年。国民の貧富の格差は広がり、国際競争力は過去最低となった。 この30年で私たちが失ったものは何か、脱出するには何が必要なのか。

日本の未来
AERA創刊2000号 時代を歩く

AERA創刊2000号 時代を歩く

AERAは今年創刊35周年、11月20日号で通巻2000号を迎えました。 さまざまなニュースから社会を読み解き、AERAは時代と共に歩んできました。 2023年のいま、私たちは未来をどう歩くのか。一緒に考えてみませんか?

東京が進化する <再開発ルポ>

東京が進化する <再開発ルポ>

虎ノ門・麻布台・渋谷・日本橋、下北沢――。 いま、東京は「100年に一度」と言われる再開発ラッシュだ。 成熟期にある国際都市として、首都・東京はどう変貌を遂げるのか。 模索されているのは、”個性”を生かした街づくりだ。

東京再開発
昭和レトロが心地よい

昭和レトロが心地よい

クリームソーダにナポリタン、ファミコンにダイヤル式の電話、アナログレコード…。 昭和のカルチャーが、いま、若い世代に人気です。なぜ人は昭和レトロに惹かれるのか。 懐かしくて新しい世界を、もう一度覗いてみませんか?

レトロ
1
カテゴリから探す
ニュース
北朝鮮スパイは日本でいつでも大規模テロを起こせる!?ドラマ「VIVANT」監修者が明かす危険性
北朝鮮スパイは日本でいつでも大規模テロを起こせる!?ドラマ「VIVANT」監修者が明かす危険性
諜・無法地帯
dot. 23時間前
教育
〈きょうの料理土井善晴出演〉「“盛った”料理=愛情」は勘違い 「一汁一菜」が支持される理由
〈きょうの料理土井善晴出演〉「“盛った”料理=愛情」は勘違い 「一汁一菜」が支持される理由
土井善晴
週刊朝日 9時間前
エンタメ
〈FNS歌謡祭きょう出演〉浜崎あゆみ「ものまねタレントと区別がつかない」独特すぎる神々しさの存在感
〈FNS歌謡祭きょう出演〉浜崎あゆみ「ものまねタレントと区別がつかない」独特すぎる神々しさの存在感
浜崎あゆみ
dot. 10時間前
スポーツ
かつての大阪桐蔭エースも…プロでは大苦戦、来季は“崖っぷち”の甲子園のスターたち
かつての大阪桐蔭エースも…プロでは大苦戦、来季は“崖っぷち”の甲子園のスターたち
プロ野球
dot. 12時間前
ヘルス
咳だけが8週間以上治らないのは「咳ぜんそく」? 放置すると「ぜんそく」に移行も【症状チェックリスト】
咳だけが8週間以上治らないのは「咳ぜんそく」? 放置すると「ぜんそく」に移行も【症状チェックリスト】
dot. 13時間前
ビジネス
〈さんま御殿きょうテスタ出演が話題〉80億円株投資家テスタさん「僕はリスクを取ったことがない」…その理由は
〈さんま御殿きょうテスタ出演が話題〉80億円株投資家テスタさん「僕はリスクを取ったことがない」…その理由は
AERAマネー
AERA 12/5