「助っ人」に関する記事一覧

オフに「自由契約」となった助っ人 他球団の狙い目になり得る「4人の選手」

オフに「自由契約」となった助っ人 他球団の狙い目になり得る「4人の選手」

 森友哉(西武→オリックス)、伏見寅威(オリックス→日本ハム)、嶺井博希(DeNA→ソフトバンク)のFAによる移籍が決まり、残る大物は近藤健介のみとなっているが、FAの人

dot.

12/3

  • 今季もメジャーの“大物投手”は苦戦傾向 過去にも“松坂の後釜”が年俸3.5億で大失敗

     ここ最近はメジャーで実績のある助っ人が来日してNPBでプレーすることが増えている。彼らは“大物”と呼ばれ鳴り物入りで入団してくるが、日本で成功するケースは多いとは言えないのが

    dot.

    11/18

  • 「退団」となれば他球団が興味も? 去就に注目集まるプロ野球の“新助っ人3人”

     プロ野球もレギュラーシーズンが終了し、公式戦はクライマックスシリーズと日本シリーズを残すのみとなった。来季に向けての動きも徐々に出始めているが、今回は今年から日本でプレーし、去就が“微妙

    dot.

    10/8

  • 「退団」か「残留」か立場の微妙な助っ人は? 所属チーム去れば“争奪戦”になり得る選手も

     ペナントレースも大詰めとなり、選手の去就に関する話題も増えてくる時期となったが、大きな関心ごとの一つが外国人選手の動向ではないだろうか。球団からすれば来季に向けてどの選手を残留させるかの判断が求めら

    dot.

    9/16

  • 今季の新外国人も“優良クラス”ゼロ? コロナ禍以降、NPB助っ人たちの苦戦目立つ

     ペナントレースも終盤戦に入り、順位だけでなくタイトル争いも気になる時期となってきたが、今年はこれまでにない事態となっている。成績上位に入る外国人選手が非常に少ないのだ。 9月1日終了時点で両リーグと

    dot.

    9/3

  • 中日助っ人は大活躍の直後に「退団」 “優良”だったのに日本を去った外国人選手たち

     チームの浮沈のカギを握る外国人選手は、活躍すれば翌年も契約が更新されるが、成績不振の場合はたった1年で解雇というパターンが、ほぼお約束だ。 その一方で、そこそこ活躍したのに、諸々の事情から、わずか1

    dot.

    5/7

  • プロ野球各チームの新外国人、早くも“ハズレ感”ある選手も 優良助っ人になりそうなのは?

     各チーム約10試合を消化した今年のプロ野球。大勢(巨人)や隅田知一郎(西武)などルーキーの活躍が目立つ一方で、新外国人選手については苦しんでいるチームが多いように見える。 まず大きな誤算となったのが

    dot.

    4/8

この人と一緒に考える

  • 巨人の“未知なる助っ人”ウォーカー 守備は不安も「打撃で大化け」の可能性

     巨人の新外国人アダム・ウォーカーは今季チームのキーマンとなれるのか。 26日の開幕第2戦では代打で出場し、来日初打席で初安打初打点をマーク。鮮烈なデビューを飾ったが、まだ“未知の部分&r

    dot.

    3/28

  • 「Jacome」ってなんて読む? “一筋縄ではいかぬ名前”が話題となった助っ人たち

     プロ野球の2022年シーズンも、開幕まであと1カ月と迫っている。今季もメジャー通算52勝のタイラー・チャトウッド、メジャー通算109本塁打のスイッチヒッター、フレディ・ガルビス(いずれもソフトバンク

    dot.

    2/27

  • 球団大慌て!助っ人の空港での「トラブル列伝」 消息不明や取り違えの大珍事も

     プロ野球キャンプインも間近。今年も新外国人選手の来日が話題を集める季節になった。 過去に来日した助っ人の中には、入国時、または入国後に思いがけないトラブルの主役になった選手も少なくない。 なんとも物

    dot.

    1/26

  • 【Jリーグ新助っ人ワースト5】“前評判”と全然違う…期待を裏切った選手たち

     川崎の連覇で幕を閉じた2021年のJリーグ。今季も初来日した新助っ人たちが“新風”を巻き起こした一方で、日本のサッカーや生活に順応できず、これまでの実績や肩書きに見合う活躍を

    dot.

    12/17

  • 「自由契約」になった助っ人たち 他球団が獲得“検討すべき”選手はいるか

     プロ野球もストーブリーグに突入したが、フリーエージェントで他球団と交渉しているのは又吉克樹(中日)のみと、少し静かなスタートとなっている。広島、西武、ヤクルト、日本ハムなどは既に新外国人の獲得を発表

    dot.

    12/11

  • 助っ人「ベスト3」と「ワースト3」を選出 今季の働きを査定!【セ・リーグ編】

     日本シリーズも終わり、プロ野球は年間の表彰と契約更改、来季に向けての動きが話題となる時期となった。チームの命運を握ることが多い外国人選手も退団、新入団、移籍含めて様々な動きが出てきているが、今年の活

    dot.

    12/3

この話題を考える

1

カテゴリから探す