「助っ人」に関する記事一覧

広島、巨人には既に退団選手…「野手の新助っ人」ほぼ全滅、即戦力は期待できない時代に突入か
広島、巨人には既に退団選手…「野手の新助っ人」ほぼ全滅、即戦力は期待できない時代に突入か

歴史的な“投高打低”となっている今年のプロ野球。その要因の一つして挙げられるのが外国人野手の不振だ。特に目立つのが今年加入した新外国人である。現時点での一軍成績を並べてみると以下のようになっている。(以下、成績は7月7日終了時点)

dot.
ヤクルト、“優良助っ人”サンタナ&オスナと早期の契約延長 球団の判断に“賛辞の声”集まるワケ
dot.sports dot.sports
ヤクルト、“優良助っ人”サンタナ&オスナと早期の契約延長 球団の判断に“賛辞の声”集まるワケ
6月21日、ヤクルトはドミンゴ・サンタナ、ホセ・オスナの2人との契約延長を発表した。近年はどの球団も好成績を収める野手助っ人の獲得に苦戦しており、今季も“優良ぶり”が目立つ2人を早い段階で囲い込んだ形だ。(以下、文中の成績は7月4日終了時点)
プロ野球ヤクルト助っ人
dot. 7/7
来日2年目以降、野手助っ人の「明暗」 今季限りで退団も多い? 堅調な結果残しているのは
dot.sports dot.sports
来日2年目以降、野手助っ人の「明暗」 今季限りで退団も多い? 堅調な結果残しているのは
歴史的な投高打低と言われる今年のプロ野球。この傾向はここ数年続いており、どの球団も打てる選手の不足に悩んでいるケースが多い。そして特に目立つのが外国人野手の不振だ。かつてのように来日1年目から中軸として十分な活躍を見せる選手は極めて少なく、2年目以降も契約を勝ち取るのはもはやレアケースと言えるだろう。ではそんな中で現役の外国人野手で2年以上日本でプレーしている選手の現状はどうなっているのだろうか(成績は6月23日終了時点)。
プロ野球助っ人
dot. 6/24
阪神ノイジー&ミエセス、2年目の飛躍期待も苦戦 諦めモードのファンも…ここから“逆襲”あるのか
dot.sports dot.sports
阪神ノイジー&ミエセス、2年目の飛躍期待も苦戦 諦めモードのファンも…ここから“逆襲”あるのか
阪神の助っ人外国人シェルドン・ノイジーとヨハン・ミエセス。ともに昨年は“微妙な成績”だったものの、契約を更新して来日2年目を迎えたが、ここまではチームに貢献できていない。しかし、“投高打低”が目立つ状況で優勝争いをしていく中、大きな戦力となれる可能性を秘めるだけに、今後のパフォーマンスはチームの成績を左右するかもしれない。(以下、文中の成績は6月16日終了時点)
阪神助っ人ノイジーミエセス
dot. 6/17
このまま退団も? DeNAオースティンは怪我、中日ビシエドは衰え 苦境の"愛され助っ人"の今後は
dot.sports dot.sports
このまま退団も? DeNAオースティンは怪我、中日ビシエドは衰え 苦境の"愛され助っ人"の今後は
今シーズン3年契約の3年目を迎えているDeNAのタイラー・オースティンと中日のダヤン・ビシエド。ともにチームの上位進出に欠かせない助っ人になれるだけの力を持っているが、オースティンは怪我で長期離脱が濃厚となり、ビシエドも開幕から二軍での調整が続いている状態だ。
プロ野球助っ人
dot. 4/30
実績ほぼなしも「15億円で契約延長」  SBスチュワートへの“多額投資”は回収できるのか
dot.sports dot.sports
実績ほぼなしも「15億円で契約延長」 SBスチュワートへの“多額投資”は回収できるのか
ソフトバンクのカーター・スチュワート投手にとっての“新3カ年計画”が始まった。元MLBのドラフト1位右腕は当初の予定であった早期のメジャー凱旋プランを修正、来たるべき日に備えようとしている。
プロ野球助っ人
dot. 4/20
NPB新助っ人ここまでの活躍は? 阪神の救援右腕などに“優良感”、野手は軒並み苦戦目立つ
西尾典文 西尾典文
NPB新助っ人ここまでの活躍は? 阪神の救援右腕などに“優良感”、野手は軒並み苦戦目立つ
開幕から約半月が経過したプロ野球のペナントレース。最も即効性の高いと言われる補強が新外国人選手だが、現時点で早くも明暗が分かれつつある(成績は4月14日終了時点)。
プロ野球助っ人
dot. 4/15
中日には高木守道も“唸った男” 打率1割台でレギュラーも「守備特化型の助っ人列伝」
久保田龍雄 久保田龍雄
中日には高木守道も“唸った男” 打率1割台でレギュラーも「守備特化型の助っ人列伝」
NPBでプレーする外国人野手は、一発長打が売りのパワーヒッター、またはアベレージを稼げる中距離打者のように打力優先のイメージが強いが、中にはディフェンス力を買われて来日した守備型助っ人もいる。
プロ野球助っ人
dot. 4/14
阪神→巨人移籍の右腕、中日&DeNAで“崖っぷち”の2人…今季のカギ握る「来日2年目以降の助っ人」
dot.sports dot.sports
阪神→巨人移籍の右腕、中日&DeNAで“崖っぷち”の2人…今季のカギ握る「来日2年目以降の助っ人」
ここ数年、NPBで苦戦が目立つのが外国人選手だ。昨年も来日1年目のいわゆる“新外国人選手”で規定投球回、規定打席をクリアしたのはノイジー(阪神)とマキノン(西武)だけ。先発ではバウアー(DeNA)、リリーフではペルドモ(ロッテ)、ウェンデルケン(DeNA)が存在感を示したが、以前のようにローテーションや打線の中心として1年目から圧倒的な成績を残すケースは確実に減っているのが現状だ。
プロ野球助っ人
dot. 1/10
助っ人の苦戦目立つ中、ヤクルトだけは“別” サンタナ&オスナの優良ぶり 活躍の裏に感じる「燕愛」
助っ人の苦戦目立つ中、ヤクルトだけは“別” サンタナ&オスナの優良ぶり 活躍の裏に感じる「燕愛」
球団初のセ・リーグ3連覇を目指しながら、今シーズンは3年ぶりのBクラスとなる5位に沈んだヤクルト。両リーグワーストのチーム防御率3.66に終わった投手陣だけでなく、打線もリーグ5位のチーム打率.239と苦しんだが、そのバッター陣にあって気を吐いたのがドミンゴ・サンタナ(31歳)とホセ・オスナ(31歳)の両外国人である。
ヤクルト助っ人サンタナオスナ
dot. 12/26
移籍市場で“人気”集めそうな選手も? バウアーら去就未定の助っ人、動向が気になるのは
西尾典文 西尾典文
移籍市場で“人気”集めそうな選手も? バウアーら去就未定の助っ人、動向が気になるのは
12月8日に現役ドラフトも終わり、どの球団も退団する選手はある程度固まったと言える。残された補強としては新外国人選手の獲得、トレード、他球団を戦力外となった選手などが挙げられるが、中でも大きなプラスとなる可能性が高いのが、NPB球団を自由契約となった外国人選手だ。以前と比べて来日していきなり主力として活躍する選手が減っているだけに、日本の野球を知っている選手の“市場価値”は高まっている印象を受ける。そんな現時点で去就の決まっていない今年NPBでプレーしていた外国人選手について紹介したいと思う(所属は今シーズン)。
プロ野球助っ人
dot. 12/11
他球団でブレイクの可能性も? 「去就未定の助っ人」獲得しても面白い選手は 
西尾典文 西尾典文
他球団でブレイクの可能性も? 「去就未定の助っ人」獲得しても面白い選手は 
近年、苦戦が目立つ外国人選手。今年もリリーフでは活躍した投手はそれなりにいたものの、規定投球回数に到達した外国人投手は1人もおらず、野手についても規定打席に到達して打率10位以内にランクインしたのはサンタナ(ヤクルト)だけだった。若い選手は日本で活躍してアメリカに戻るケースも目立ち、逆に実績があっても力が落ちている選手は日本でも活躍が難しくなっているのが現状だろう。
プロ野球助っ人
dot. 11/15
オフに予想外の“移籍劇”が起こる? NPBで実績ある助っ人に人気集中か 争奪戦の予感も
dot.sports dot.sports
オフに予想外の“移籍劇”が起こる? NPBで実績ある助っ人に人気集中か 争奪戦の予感も
近年、プロ野球では外国人選手が期待外れに終わるケースが目立っている。結果を残す助っ人を確保するのが過去に比べ難しくなっている中、今オフは既にNPBで実績のある選手の争奪戦になることも予想されている。
助っ人プロ野球
dot. 10/4
この話題を考える
医師676人のリアル

医師676人のリアル

すべては命を救うため──。朝から翌日夕方まで、36時間の連続勤務もざらだった医師たち。2024年4月から「働き方改革」が始まり、原則、時間外・休日の労働時間は年間960時間に制限された。いま、医療現場で何が起こっているのか。医師×AIは最強の切り札になるのか。患者とのギャップは解消されるのか。医師676人に対して行ったアンケートから読み解きます。

あの日を忘れない

あの日を忘れない

どんな人にも「忘れられない1日」がある。それはどんな著名な芸能人でも変わらない。人との出会い、別れ、挫折、後悔、歓喜…AERA dot.だけに語ってくれた珠玉のエピソード。

インタビュー
国際女性デー

国際女性デー

3月8日は国際女性デー。AERA dot. はこの日に合わせて女性を取り巻く現状や課題をレポート。読者とともに「自分らしい生き方、働き方、子育て」について考えます。

国際女性デー
文句なしの“優良”は3選手  Jリーグ今季初来日の助っ人「アタリ」と「ハズレ」は
三和直樹 三和直樹
文句なしの“優良”は3選手  Jリーグ今季初来日の助っ人「アタリ」と「ハズレ」は
9月を迎えて代表ウイークが明ければ、J1リーグは残り8節という終盤戦に突入する。改めて各チームの現状を見ると、昨季からの戦力アップに成功している大きな理由に新外国人選手の存在がある。近年はJ2、J3も含めて日本で実績のある外国人の獲得例が増えているが、それでも今年、初来日した外国人選手たちも多くいる。だが、その評価は「アタリ」と「ハズレ」に大きく分かれている。
Jリーグ助っ人
dot. 9/7
各球団の新助っ人「今季限り」&「生き残る」のは誰? “微妙”な選手多い中、難しい見極め
西尾典文 西尾典文
各球団の新助っ人「今季限り」&「生き残る」のは誰? “微妙”な選手多い中、難しい見極め
ペナントレースも終盤戦を迎え、そろそろ来シーズンのことも気になる時期となってきた。特に判断が難しいのが外国人選手だ。ここ数年はなかなか“大当たり”と言える選手が少なく、期待されながら二軍暮らしが続くケースも目立つ。それだけに戦力となる外国人プレイヤーは以前にも増して貴重で、ミエセス(阪神)については早くも残留報道が出ている。今シーズン加入した新外国人選手で生き残ることができるのは誰なのか。これまでのプレーぶりとチーム事情から探ってみたいと思う。(以下、文中の成績は全て8月31日終了時点)
助っ人プロ野球
dot. 9/1
中日、低迷脱出に“優良助っ人”獲得は必須 森繁和氏の呼び戻しも一つの手か
dot.sports dot.sports
中日、低迷脱出に“優良助っ人”獲得は必須 森繁和氏の呼び戻しも一つの手か
中日が苦しんでいる原因の1つに、優良な外国人の補強ができていないことが挙げられる。そういう意味でも、長期の低迷からの脱出に助っ人の力が必要なのは間違いないだろう。
プロ野球中日低迷助っ人
dot. 7/29
DeNA・バウアーだけじゃない レジー・スミス、ロイ・ホワイト…過去の「大物外国人選手」たち
DeNA・バウアーだけじゃない レジー・スミス、ロイ・ホワイト…過去の「大物外国人選手」たち
サイ・ヤング賞受賞投手の大物新外国人・バウアー(DeNA)が注目を集めている。日本球界でいえば、沢村賞投手・山本由伸(オリックス)クラスということだ。「史上最強の助っ人」とも称されるが、実戦のマウンドは2021年以来となる。はたしてバウアーはメジャー時代と同じような活躍ができるのだろうか。他の大物外国人を紹介しつつ、過去の大物外国人も振り返る。
バウアー助っ人
dot. 4/27
オフに「自由契約」となった助っ人 他球団の狙い目になり得る「4人の選手」
西尾典文 西尾典文
オフに「自由契約」となった助っ人 他球団の狙い目になり得る「4人の選手」
森友哉(西武→オリックス)、伏見寅威(オリックス→日本ハム)、嶺井博希(DeNA→ソフトバンク)のFAによる移籍が決まり、残る大物は近藤健介のみとなっているが、FAの人的補償や現役ドラフト、新外国人など各球団の来季に向けての補強はまだ続くことになりそうだ。
プロ野球助っ人
dot. 12/3
今季もメジャーの“大物投手”は苦戦傾向 過去にも“松坂の後釜”が年俸3.5億で大失敗
dot.sports dot.sports
今季もメジャーの“大物投手”は苦戦傾向 過去にも“松坂の後釜”が年俸3.5億で大失敗
ここ最近はメジャーで実績のある助っ人が来日してNPBでプレーすることが増えている。彼らは“大物”と呼ばれ鳴り物入りで入団してくるが、日本で成功するケースは多いとは言えないのが実情だ。
プロ野球助っ人
dot. 11/18
1 2
カテゴリから探す
ニュース
石丸氏の「遺伝子的に子どもをうみだす」は「SFの話」ではない   政治家の無知を思う 北原みのり〈ニュースふり返り〉
石丸氏の「遺伝子的に子どもをうみだす」は「SFの話」ではない  政治家の無知を思う 北原みのり〈ニュースふり返り〉
石丸伸二
dot. 9時間前
教育
樹海で生き延びた5歳児が出会った「彷徨う人々」 読後感が“お土産”になる荻原浩さん長編小説
樹海で生き延びた5歳児が出会った「彷徨う人々」 読後感が“お土産”になる荻原浩さん長編小説
この人のこの本
AERA 7時間前
エンタメ
〈主演ドラマ「降り積もれ孤独な死よ」第3話 きょう〉「おちょやん」で大ブレイク成田凌 バラエティもコントもいける底知れぬ魅力
〈主演ドラマ「降り積もれ孤独な死よ」第3話 きょう〉「おちょやん」で大ブレイク成田凌 バラエティもコントもいける底知れぬ魅力
dot. 3時間前
スポーツ
1年で戦力外「何で獲った」と批判の声も…新天地で“爪痕”残せなかった人的補償の選手たち
1年で戦力外「何で獲った」と批判の声も…新天地で“爪痕”残せなかった人的補償の選手たち
プロ野球
dot. 8時間前
ヘルス
【心臓手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は国立循環器病研究センター、2位は川崎幸病院
【心臓手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は国立循環器病研究センター、2位は川崎幸病院
いい病院
dot. 17時間前
ビジネス
30代会社員億り人ハルさん「私が新NISAで日本株を買わない理由はコレです」1775人アンケート結果も
30代会社員億り人ハルさん「私が新NISAで日本株を買わない理由はコレです」1775人アンケート結果も
AERA Money
AERA 7/20