「円安」に関する記事一覧

「口座の残高が無くなった」円安で外交官が悲痛の声 国益が危ぶまれる事態も

「口座の残高が無くなった」円安で外交官が悲痛の声 国益が危ぶまれる事態も

 11月15日のニューヨーク市場で円相場は対ドルで上昇し、一時1ドル=137円台と約2カ月半ぶりの円高水準になった。10月の1ドル=151円台後半という円安のピークと比べると10円以上円高に傾いたこと

dot.

11/17

  • なぜ岸田首相は「女性」と「若者」から見放されたのか 望月衣塑子記者が見抜く“共感力のなさ”

     岸田政権の支持率低下が止まらない。7日、読売新聞が発表した世論調査では岸田内閣の支持率は36%と過去最低となり、初の30%台に落ち込んだ。JNNの最新の世論調査でも、内閣支持率は39.6%と3カ月連

    dot.

    11/11

  • 「1ドル=500円超え」藤巻健史が警告 収束には「新しい日銀」設立が必要

     どんどん進む円安・ドル高が、日本経済を脅かしている。米モルガン銀行在日代表兼東京支店長時代に「伝説のディーラー」と呼ばれた経済評論家の藤巻健史さんは、今後、1ドル=500円を超え、日本円の価値は暴落

    週刊朝日

    11/2

  • 異例の物価高「マヨネーズが高い」と悲痛な声 「来春再値上げ」の懸念も

     物価高が人々の生活を直撃している。原材料費の高騰に、石油価格の上昇、さらには円安が重なり、家計は厳しくなっている。円相場は一時、1ドル=150円台まで下落し、生活者の不安は高まるばかりだ。食料品や衣

    dot.

    10/28

  • 550万円で14年前に購入した米国債はいったいいくらに? FPが勧める「三つ」のドル建て資産

     円安の流れが止まらない。10月14日、円相場は一時1ドル=148円台まで値下がりし、19日には一時149円50銭付近を推移。いよいよ150円の大台がちらついてきている。1990年以来、実に32年ぶり

    dot.

    10/20

  • 円安で逆風吹き荒れるなか「追い風」となった日本の年金積立金 右肩上がりを続けているワケ

     米国公的年金がリーマン・ショック以来の市場の暴落に苦しんでいる。約4400億ドル(約64兆円)の資金を運用する米国最大の年金基金・カルパース(カリフォルニア州職員退職年金基金)は今年6月末までの12

    dot.

    10/6

  • 円安で「ビッグマック」は先進国最安値、「億ション」は外国人がキャッシュ払い…どうなるニッポン?

     1ドル=144円99銭。9月7日の円相場は、バブル崩壊後の金融危機のさなかだった1998年8月以来、約24年ぶりの安値となった。輸入原材料価格が高騰し、物価高をまねく「悪い円安」と言われる一方、円安

    dot.

    9/16

この人と一緒に考える

  • 「円安」「物価高」「航空券高騰」のトリプルパンチで海外留学「辞退」続出 1年間で1千万円超えも

     新型コロナウイルスによる入国規制を緩和する国が増えるとともに、海外で勉強したいという学生たちの動きが熱を帯びている。だが、懸念材料もある。最近の顕著な円安や物価高だ。円安は今春から急激に進行し、7月

    dot.

    7/12

  • なぜ「円安」が起きているの? 基礎からわかりやすくジャーナリストが解説!

     最近よく、新聞やテレビのニュースで目にする「円安」という言葉。なぜいま円安が起きているの? 円安になると、私たちの生活にどんな影響が起きるのだろう。現在好評発売中の『ジュニアエラ6月号』の記事から、

    dot.

    5/21

この話題を考える

1

カテゴリから探す