「フィギュアスケート」に関する記事一覧

友野一希がGPロシア大会で「悔しい」3位 観客惹き込む「浪花のエンターテイナー」の魅力

友野一希がGPロシア大会で「悔しい」3位 観客惹き込む「浪花のエンターテイナー」の魅力

 フィギュアスケートのグランプリシリーズ最終戦、ロシア大会。羽生結弦不在の大会で、友野一希が躍進した。11月27日に行われたフリーの演技を終え、自己ベストを大きく更新して総合3位で表彰台に上った。試合

週刊朝日

11/28

  • 高橋大輔がアイスダンスで復活! 「昔の顔」と言わせない技術力

     11月13日、フィギュアスケートのNHK杯アイスダンスに出場した村元哉中、高橋大輔組は日本勢最上位の総合6位に食い込んだ。 ペア結成2シーズン目の2人にとって、今大会は国際公認試合のデビュー戦。北京

    週刊朝日

    11/24

  • 「練習してきたことを頑張るだけ」 鍵山優真がイタリア大会のフリープログラムで起こした奇跡

     ISUグランプリシリーズのイタリア大会でショート7位から大逆転で優勝をもぎとった鍵山優真選手。ショートプログラムを終えた翌日、落ち込んだ鍵山を救ったのはコーチでもある父の言葉だったという。AERA

    AERA

    11/17

  • 「攻める気持ちが悪い方向に」 イタリア大会優勝の鍵山優真がSPでは撃沈した理由を語る

     ISUグランプリシリーズのイタリア大会でショート7位に沈んだ鍵山優真選手。その後フリーでの大逆転で優勝したものの、当時はかつてないほど不安だったという。AERA 2021年11月22日号では、鍵山選

    AERA

    11/16

  • ザギトワは「19歳」で五輪候補外…早熟の女子フィギュアで異彩放つ“24歳の女帝”

     4年前、シニアに上がったばかりのアリーナ・ザギトワは破竹の勢いで勝ち進み、2018年平昌五輪でも金メダルを獲得した。そして北京五輪シーズンの今季、グランプリシリーズデビュー戦となるスケートカナダで優

    dot.

    11/5

  • スケートアメリカで健闘した日本勢 北京五輪でのメダル獲得に高まる期待

     フィギュアスケートのグランプリシリーズが10月22日に開幕し、アメリカ・ラスベガスで初戦が行われた。来年2月に北京五輪を控えた今シーズンの注目株はどの選手なのか。AERA 2021年11月8日号では

    AERA

    11/3

  • 「失敗して、打ちのめされてもやりたい」 宇野昌磨がスケートアメリカで見せた決意

     フィギュアスケートのグランプリシリーズが10月22日に開幕した。初戦で宇野昌磨が総合2位となり、来年2月の北京五輪に向けて好スタートを切った。AERA 2021年11月8日号では、宇野昌磨選手の新た

    AERA

    11/2

この人と一緒に考える

  • 女子フィギュアの“ロシア一強”に終止符を! 台頭する日本の新星スケーターたち

     現在フィギュアスケートの女子シングルでは、圧倒的な強さをみせるロシア勢が世界を牽引している。だが高難度ジャンプに挑む日本の少女たちには、近い将来ロシア勢に対抗し得る存在となる可能性がある。 10月3

    dot.

    10/26

  • 羽生結弦は? 北京五輪が「見えてくる」フィギュアスケートGPシリーズ大予想

     北京オリンピックまで4カ月を切った。羽生結弦、宇野昌磨、紀平梨花らが出場するフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズが10月22日に開幕。五輪有望選手の動向を、フィギュアスケートを長年取材する

    週刊朝日

    10/23

  • 北京五輪も目標に…高橋大輔、フィギュアの“新たな可能性”を模索する日々は続く

     コロナ禍の今、感染対策を徹底して迎えたアイスショー『LUXE』の初回公演には、主役を務める高橋大輔をはじめ荒川静香・柚希礼音など豪華な出演者たちの、エンターテインメントへの愛が詰まっていた。この1年

    dot.

    5/16

  • 本田望結が語る女優、フィギュア……“大人への成長”

     女優として、フィギュアスケーターとして。幼いころから二足の草鞋を履き続けた本田望結(16)は現在高校1年生。2021年には17歳になる。「幼いころから『17歳』というものに憧れを抱いていて。17歳に

    週刊朝日

    1/7

  • 村元哉中、高橋大輔組デビューも フィギュアスケートGPの見どころ

     新型コロナウイルスの影響で今季の開催が懸念されていたフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズが10月23日に開幕する。国際スケート連盟(ISU)は、全6大会を無観客にするなど制限を設けた上で決

    週刊朝日

    10/21

  • 注目の本田真凜に先輩・村主章枝がアドバイス「必殺キャラが必要」

     フィギュアスケートの本格シーズンに入った。10月10日、東京選手権が開催され、今季で引退を表明している永井優香(早大)が優勝。姉妹で出場した本田姉妹は、姉・真凜(JAL)が7位、シニアデビューの望結

    週刊朝日

    10/18

この人と一緒に考える

  • 「来季は限界の先へ行く」 羽生結弦の今季とクワッドアクセルへの道のり

     羽生結弦の今季の終わりは突然訪れた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、雪辱を果たすはずだったフィギュアスケート世界選手権が中止に。しかし、羽生は来季に向けて既に前を向いているという。*  *  *

    AERA

    5/2

  • フィギュア世界ジュニアで銀メダルも「悔しさ忘れない」 鍵山優真の武器とは

     3月8日(現地時間)に閉幕した2020年世界ジュニアフィギュアスケート選手権で準優勝した鍵山優真選手。元オリンピック日本代表フィギュアスケーターの鍵山正和コーチを父に持つ期待の新星の武器は、親譲りの

    AERA

    3/22

  • 「結弦には『僕のスケートは美しい』と伝え続けてほしい」ブライアン・オーサー、羽生選手への思い

     四大陸選手権では五輪2連覇を果たしたプログラムを再演し、フリー「SEIMEI」で観客を魅了した羽生結弦選手。AERA 2020年3月9日号では、ブライアンコーチの目から見た今季の羽生の成長と戦略をイ

    AERA

    3/21

  • 「結弦は答えがもうわかっている」 ブライアン・オーサーが語る羽生の再始動

     羽生結弦選手とコーチのブライアン・オーサーがタッグを組んでから今季で8年目。四大陸選手権でスーパースラムを達成した羽生は、次はどこへ向かうのか。AERA 2020年3月9日号では、ブライアンコーチに

    AERA

    3/20

  • 復活を誓うアリーナ・ザギトワに期待の声が多いワケ

     昨年12月に「引退」騒動が起きた、2018年平昌五輪フィギュアスケート女子金メダルのアリーナ・ザギトワ(17)=ロシア=が来季も現役を続けることについて、ネット上ではさまざまな声が上がっている。 2

    週刊朝日

    2/25

  • “氷上の妖精”リプニツカヤが「楽しみ」と語った選手の名前

     “氷上の妖精”と呼ばれたフィギュアスケート元ロシア代表で、2014年ソチオリンピック団体金メダリストのユリア・リプニツカヤさん(21)が来日した。6日には、明治神宮外苑アイス

    dot.

    2/9

1 2 3 4 5

カテゴリから探す