本田圭佑「解説者向きではない」の声一蹴 SNS上で「本田△」が再脚光

2022W杯

2022/11/24 20:00

ABEMAで“解説者デビュー”した本田圭佑
ABEMAで“解説者デビュー”した本田圭佑

 サッカー日本代表は23日、カタールW杯のグループリーグ初戦で強豪のドイツ代表に2対1で逆転勝利を収め、日本中を歓喜の渦に巻き込んだ。

【写真】“堂安律超え”のポテンシャル感じる逸材

 ゴールを決めた堂安律、浅野拓磨など試合で活躍した選手がスポットライトを浴びているが、それ以上にこの試合で注目を集めたのが、かつて日本代表で活躍した本田圭佑だった。自身も選手として2010年の南アフリカ大会から3大会連続で出場し、全ての大会でゴールを決めた“W杯男”でもあるが、今回は解説者として中心人物になろうとしている。

 本田は今大会の全64試合を無料生中継するインターネットテレビ局「ABEMA」のGM(ゼネラルマネージャー)を担当。ドイツ戦で解説者デビューを飾ったが、戦術的な分析はもちろんのこと、一部の選手を「さん付け」で呼んだことや、時折感情が溢れ“素の声”が飛び出す独特の解説はツイッターなどSNS上で話題となり、早くも「解説者・本田」のファンが急増している。

「選手としては“オラオラ感”を出していたのは誰もが知るところ。今は実業家としても多彩な才能を発揮している。これまでも公の場で冷静かつ辛辣な発言をすることも目立った。内容は至極真っ当でも言い方がストレートの場合が多く、好き嫌いが分かれるタイプでもある。解説をした際に、悪い方向に出ることも予想されていた」(在京テレビ局スポーツ担当者)

 サッカー選手としての優れた能力とともに、歯に衣着せぬ発言、また奇抜なファッションでも注目された。特に印象に残ったのは先日、現役引退したフリーキックの名手である中村俊輔に対し、試合中に「オレが蹴る」とキッカーになることを主張したシーンだろう。サッカーに対しての自己主張が強いのは知られており、「解説者向きではない」という声も聞こえていた。

「試合が始まると、SNS上などでは本田に対する好意的な意見が多くみられるようになった。特に選手の呼び方が話題に。自身が一緒にプレーしたことある吉田麻也、長友佑都などは呼び捨て。そうでない選手は年下であっても『さん』付け。選手との距離感、敬意の両方を感じさせてくれた」(サッカー雑誌編集者)

NEXT

選手の時も見せていた“有能な批評家の一面”

1 2 3

あわせて読みたい

  • 本田圭佑のW杯「オレ流」解説 「さん付け」や「監督目線」など独特な手法に称賛の声

    本田圭佑のW杯「オレ流」解説 「さん付け」や「監督目線」など独特な手法に称賛の声

    dot.

    11/24

    三笘薫、現地メディアの評価が急上昇 スペイン戦で「スタートから使ってほしい」の声

    三笘薫、現地メディアの評価が急上昇 スペイン戦で「スタートから使ってほしい」の声

    dot.

    11/29

  • 「長谷部誠をW杯メンバーに入れるべき」 本田圭佑の提言に大きな反響が

    「長谷部誠をW杯メンバーに入れるべき」 本田圭佑の提言に大きな反響が

    週刊朝日

    10/14

    日本代表が強豪ドイツに大金星! 早くも注目を浴びる国内組の“意外な選手”とは

    日本代表が強豪ドイツに大金星! 早くも注目を浴びる国内組の“意外な選手”とは

    dot.

    11/24

  • W杯ドイツ戦に逆転勝利の日本代表 国内外から称賛の嵐でも「森保万歳」にならない理由

    W杯ドイツ戦に逆転勝利の日本代表 国内外から称賛の嵐でも「森保万歳」にならない理由

    dot.

    11/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す