2022 W杯 カタール大会

2022 W杯 カタール大会

2022年サッカーW杯の特集ページ。カタール大会に関する最新ニュースや日本代表の動向などをまとめた。?

膨らみ続けるW杯の放映権料 テレビ撤退で有料放送化への危惧、視聴できなくなる人も
膨らみ続けるW杯の放映権料 テレビ撤退で有料放送化への危惧、視聴できなくなる人も
サッカーワールドカップ(W杯)の放映権料が膨らみ続けている。今後、テレビ局が放映権の購入から撤退しネットに移動すれば、有料放送中心になる可能性があるという。濱口博行・広島経済大学経営学部スポーツ経営学科教授が解説する。2022年12月26日号の記事から。
2022W杯
AERA 12/24
W杯ドイツとスペインに勝利も世界の評価はイマイチ? 日本の戦いぶりから見えた課題
W杯ドイツとスペインに勝利も世界の評価はイマイチ? 日本の戦いぶりから見えた課題
サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で、優勝経験国のドイツとスペインに勝利した森保ジャパン。敗退した後も現地で世界の戦いを取材し続けてきた記者が改めてその戦いぶりを振り返った。2022年12月26日号の記事を紹介する。
2022W杯
AERA 12/24
森保ジャパン「ボール保持率重視」を目指した道とは対極だった W杯取材記者が振り返る日本代表の戦い
森保ジャパン「ボール保持率重視」を目指した道とは対極だった W杯取材記者が振り返る日本代表の戦い
サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で日本代表が敗退した後も現地で世界の戦いを取材し続けてきた記者が、改めて森保ジャパンの戦いぶりを振り返った。2022年12月26日号の記事を紹介する。
2022W杯
AERA 12/23
ワッキー、次のW杯の目標はベスト8より「優勝」で 「低く掲げる理由がわからない」
ワッキー、次のW杯の目標はベスト8より「優勝」で 「低く掲げる理由がわからない」
サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で、惜しくもベスト8を逃したものの、ドイツとスペインの強国を撃破したサッカー日本代表。千葉・市立船橋高校サッカー部で全国大会出場経験があるお笑い芸人・ワッキーさんは、今大会をどう見たのか。2022年12月26日号の記事を紹介する。
2022W杯
AERA 12/23
W杯で「人権問題」に声を上げたのは選手たち ロシアに対する出場停止処分も
W杯で「人権問題」に声を上げたのは選手たち ロシアに対する出場停止処分も
サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会は、開催国や自国の人権状況に対して、選手たちが抗議する場でもあった。ノンフィクションライター・木村元彦さんが、サッカーと人権問題について語る。2022年12月26日号の記事を紹介する。
2022W杯
AERA 12/22
商業主義のW杯の観戦を「ボイコット」経済思想家・斎藤幸平 「今がスポーツの脱成長への転換点」
商業主義のW杯の観戦を「ボイコット」経済思想家・斎藤幸平 「今がスポーツの脱成長への転換点」
サッカー日本代表の活躍に日本中が盛り上がったワールドカップ(W杯)カタール大会。その陰では、人権問題や環境問題を軽視し、商業主義に突き進む問題を抱えていた。経済思想家・斎藤幸平さんが解説する。2022年12月26日号の記事から。
2022W杯
AERA 12/22
福田正博、W杯の快挙「森保監督だから成し遂げられた」 「ドーハの悲劇」を共にした親友を称賛
福田正博、W杯の快挙「森保監督だから成し遂げられた」 「ドーハの悲劇」を共にした親友を称賛
サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会が閉幕した。日本は強豪国ドイツとスペインを撃破という快挙を成し遂げた。元日本代表・福田正博さんは森保ジャパンの健闘をどう感じたのか。2022年12月26日号の記事を紹介する。
2022W杯
AERA 12/21
丸山桂里奈×本並健治が語るW杯 4年後は「若手が伸びて選手層に厚みが出るといい」
丸山桂里奈×本並健治が語るW杯 4年後は「若手が伸びて選手層に厚みが出るといい」
熱戦が繰り広げられたサッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会が閉幕した。優勝候補のドイツとスペインに勝利し、世界を驚かせたサムライブルーだが、悲願のベスト8には届かなかった。男女の元日本代表、本並健治・丸山桂里奈夫妻に、大会を振り返ってもらった。2022年12月26日号の記事を紹介する。
2022W杯
AERA 12/20
W杯次の4年間のカギは「GPS」 育成世代に広がる最新技術で本田圭佑が欲しがった意外な機能
W杯次の4年間のカギは「GPS」 育成世代に広がる最新技術で本田圭佑が欲しがった意外な機能
およそ1カ月にわたって続いた世界中の熱狂は、アルゼンチンの優勝で幕を閉じた。サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会が終わり、いよいよ次の4年間に向かって各国が動き出す。
2022W杯GPS三笘薫本田圭佑
dot. 12/19
元W杯主審・西村雄一が語った「三笘の1ミリ」の舞台裏 VARの進化でレフェリーは不要になるのか?
元W杯主審・西村雄一が語った「三笘の1ミリ」の舞台裏 VARの進化でレフェリーは不要になるのか?
クロアチアに敗れ、惜しくもベスト8入りを逃したものの、日本の健闘がたたえられたサッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会。そのハイライトの一つは、強豪国スペインとの戦いで逆転ゴールを決めた田中碧(あお)選手と、それをライン際ぎりぎりでアシストした三笘薫選手のプレーだろう。もし、あのときビデオによる判定、いわゆるVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)がなければ「三笘の1ミリ」は生まれなかったに違いない。テクノロジーの進歩はどうサッカーを変えたのか。過去2回のW杯でレフェリー(主審)を務め、JリーグでVARも担当する西村雄一さんに聞いた。
2022W杯VAR
dot. 12/18
1 2 3 4 5
AERA創刊2000号 時代を歩く

AERA創刊2000号 時代を歩く

AERAは今年創刊35周年、11月20日号で通巻2000号を迎えました。 さまざまなニュースから社会を読み解き、AERAは時代と共に歩んできました。 2023年のいま、私たちは未来をどう歩くのか。一緒に考えてみませんか?

東京が進化する <再開発ルポ>

東京が進化する <再開発ルポ>

虎ノ門・麻布台・渋谷・日本橋、下北沢――。 いま、東京は「100年に一度」と言われる再開発ラッシュだ。 成熟期にある国際都市として、首都・東京はどう変貌を遂げるのか。 模索されているのは、”個性”を生かした街づくりだ。

東京再開発
昭和レトロが心地よい

昭和レトロが心地よい

クリームソーダにナポリタン、ファミコンにダイヤル式の電話、アナログレコード…。 昭和のカルチャーが、いま、若い世代に人気です。なぜ人は昭和レトロに惹かれるのか。 懐かしくて新しい世界を、もう一度覗いてみませんか?

レトロ
性犯罪を許さない

性犯罪を許さない

性犯罪はあってはならない。なぜ、声をあげた人が責められ、被害者が自責の念にかられ、人が口をつぐむ、といったことが起こるのか。私たちの社会には、考えを深め改善すべきことが多くある。さまざまな視点から取材した。

性犯罪
カテゴリから探す
ニュース
宝塚の現役劇団員が語った劇団幹部への不信感 「経営面の心配ばかりで当事者意識がない」
宝塚の現役劇団員が語った劇団幹部への不信感 「経営面の心配ばかりで当事者意識がない」
宝塚
dot. 6時間前
教育
「視聴率」70%超え!? 中国地方のローカルチャンネルはなぜ人気 「住民参加型」で成功した理由
「視聴率」70%超え!? 中国地方のローカルチャンネルはなぜ人気 「住民参加型」で成功した理由
大山チャンネル
dot. 1時間前
エンタメ
【ゲッターズ飯田】12月の開運のつぶやき「行動する度胸のない人に運は味方しない」金の羅針盤座
【ゲッターズ飯田】12月の開運のつぶやき「行動する度胸のない人に運は味方しない」金の羅針盤座
ゲッターズ飯田
dot. 1時間前
スポーツ
宇野昌磨「鍵山優真君は僕にモチベーションを与えてくれた」 鍵山はSPで今季世界最高点
宇野昌磨「鍵山優真君は僕にモチベーションを与えてくれた」 鍵山はSPで今季世界最高点
宇野昌磨
AERA 2時間前
ヘルス
「臨床試験」と「治験」は何が違う? 必ず効果が得られるとは限らない【医師が解説・がんキーワード】
「臨床試験」と「治験」は何が違う? 必ず効果が得られるとは限らない【医師が解説・がんキーワード】
がん
dot. 12/3
ビジネス
新NISA「成長投資枠」で狙い目の「高配当株」厳選20 「日経平均の犬」投資法が有効なワケ
新NISA「成長投資枠」で狙い目の「高配当株」厳選20 「日経平均の犬」投資法が有効なワケ
新NISA
dot. 5時間前