プロ野球「戦力外」になったけど余力あるのは? 獲得すれば“面白い存在”となれそうな選手たち

2022/11/07 18:00

 森友哉(西武)、嶺井博希(DeNA)、伏見寅威(オリックス)がFA権の行使を表明するなど、いよいよ本格化してきた今年のストーブリーグ。新外国人獲得の話も出てきており、12月には初の試みとなる現役ドラフトも行われる予定となっているが、それ以外の戦力補強として注目されるのがこのオフに自由契約となった選手たちだ。実績十分の選手や、プロ入り時に高い評価を得ていた選手も多く含まれており、水面下では調査をしている球団も多いはずだ。

あわせて読みたい

  • 戦力外通告を受けたけど… 他球団でまだまだ“活躍できそう”な選手は誰だ!

    戦力外通告を受けたけど… 他球団でまだまだ“活躍できそう”な選手は誰だ!

    dot.

    10/18

    山本、宮城が揃うオリックスは文句なし! 最下位は? “若手充実度”ランキング【パ・リーグ編】

    山本、宮城が揃うオリックスは文句なし! 最下位は? “若手充実度”ランキング【パ・リーグ編】

    dot.

    1/25

  • 過去10年で「戦力外」→「戦力」になった男たち NPBで“選手再生”が際立つチームは

    過去10年で「戦力外」→「戦力」になった男たち NPBで“選手再生”が際立つチームは

    dot.

    8/12

    静かな「トレード市場」は活発化するのか 「狙い目」となりそうな選手を探った

    静かな「トレード市場」は活発化するのか 「狙い目」となりそうな選手を探った

    dot.

    7/1

  • 「戦力外」の危機に陥ってるのは?  今季も“明暗”別れた、プロ野球ベテランたちの戦い

    「戦力外」の危機に陥ってるのは? 今季も“明暗”別れた、プロ野球ベテランたちの戦い

    dot.

    9/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す