「お母さん、しっかりしてよ!」老親にイライラは酷 親子関係を見直すタイミングとは?

ヘルス

2022/09/19 08:00

自分が50代60代になって子どもたちが独立し、さあこれから自分たちらしい人生を、と考え始める時期は、自分の親の老いに直面し始める時期でもあります。いつまでも元気だと思っていた親がちょっとした失敗をし、「しっかりしてよ」と口にした経験はありませんか。長年、介護の現場に携わってきた介護アドバイザーの高口光子氏は、この言葉が出たら、「親はいつまでも頼るべき存在ではない」と認識を改めるきっかけにしてほしいと訴えます。やがてくる親の介護に備え、早い段階から親と子、それぞれの立場を見直していくべきだと言います。くわしくお話をうかがいました。

あわせて読みたい

  • 「親を捨てたのではないか」要介護になった親を老人ホームに入れるときにぬぐえない罪悪感

    「親を捨てたのではないか」要介護になった親を老人ホームに入れるときにぬぐえない罪悪感

    dot.

    6/21

    自宅か老人ホーム、最期はどっちがいい? 決め手は「老いた姿を子どもたちに見せたくないか」

    自宅か老人ホーム、最期はどっちがいい? 決め手は「老いた姿を子どもたちに見せたくないか」

    dot.

    6/20

  • 「施設難民」にならないために! 高齢者施設の選び方

    「施設難民」にならないために! 高齢者施設の選び方

    週刊朝日

    3/17

    家族との面会禁止はやむを得ないか 介護の質との間で揺れる高齢者施設

    家族との面会禁止はやむを得ないか 介護の質との間で揺れる高齢者施設

    AERA

    7/5

  • このまま自宅に住み続けていいの? 住み替えるなら「素敵な人」の近くで刺激し合うことが理想

    このまま自宅に住み続けていいの? 住み替えるなら「素敵な人」の近くで刺激し合うことが理想

    dot.

    9/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す