中日・星野監督は「人生初の退場」のキッカケに かつて頻発していた“二塁上の揉め事”

プロ野球

2022/06/12 18:00

 NPBでは2017年から“セカンドコリジョン”が導入され、本塁上での危険行為とともに、二塁上でのラフプレーも規制の対象になった。きっかけとなったのは、前年の16年4月3日の日本ハムvsソフトバンクで、田中賢介の併殺崩しのスライディングにより、川島慶三が負傷退場した事件だったが、血気盛んな選手が多かった昭和期には、二塁上でのトラブルをめぐり、両軍ナイン総出の乱闘騒ぎも何度か起きている。

あわせて読みたい

  • 清原のバット投げ、カネやんキック…ファンの脳裏に焼き付く「乱闘劇」

    清原のバット投げ、カネやんキック…ファンの脳裏に焼き付く「乱闘劇」

    dot.

    4/29

    当事者ではないのに「乱闘の主役」に 仲間への“無礼”にブチギレたプロ野球選手たち

    当事者ではないのに「乱闘の主役」に 仲間への“無礼”にブチギレたプロ野球選手たち

    dot.

    5/28

  • 危険な球を投げて“逆ギレ”した投手たち 「乱闘、見たいか?」と前代未聞の行動も

    危険な球を投げて“逆ギレ”した投手たち 「乱闘、見たいか?」と前代未聞の行動も

    dot.

    6/18

    乱闘では“別人”に豹変…見た目と違い、意外と「武闘派」だった選手&監督たち

    乱闘では“別人”に豹変…見た目と違い、意外と「武闘派」だった選手&監督たち

    dot.

    6/12

  • 張本勲、現役時代の「考えられへん伝説」 エラーを“力業”でヒットに訂正

    張本勲、現役時代の「考えられへん伝説」 エラーを“力業”でヒットに訂正

    dot.

    6/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す