子どもの視力、「太陽光」に近視進行抑制効果 海外で認められた3つの治療法を専門医が解説

2022/06/02 06:00

 コロナ禍で子どもの視力が悪化している。文部科学省が2021年に公表した『学校保健統計調査』(20年度)によると、裸眼視力が1・0未満の小学生の割合が37・52%、中学生の割合が58・29%といずれも過去最悪を更新した。背景にあるのはデジタル機器の利用の増加だ。近視を進行させないためにはどうしたらいいのか。専門家に基本的な対策から、最新の治療法まで取材した。

あわせて読みたい

  • 子どもの視力低下は将来の失明のリスクも スマホ育児は「仕方がない」に専門家が警鐘

    子どもの視力低下は将来の失明のリスクも スマホ育児は「仕方がない」に専門家が警鐘

    dot.

    6/2

    「ゆがんで見える」「中心が黒い」は要注意 失明リスクもある強度近視の合併症

    「ゆがんで見える」「中心が黒い」は要注意 失明リスクもある強度近視の合併症

    dot.

    8/25

  • 子どもの視力低下は将来の失明のリスクも スマホ育児は「仕方がない」に専門家が警鐘

    子どもの視力低下は将来の失明のリスクも スマホ育児は「仕方がない」に専門家が警鐘

    dot.

    6/2

    小学生なら一晩で視力が0.1から1.2に!? 驚きの視力矯正法

    小学生なら一晩で視力が0.1から1.2に!? 驚きの視力矯正法

    dot.

    10/7

  • 合併症で“失明”することも 近眼の加齢によるリスクとは?

    合併症で“失明”することも 近眼の加齢によるリスクとは?

    週刊朝日

    7/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す